筋肉痛にならないと成長していない!?筋肉痛こなくなった理由

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

筋トレを始めたときは次の日もしくは次の次の日に激しい筋肉痛に襲われませんでしたか?

頑張ったあなたなら、毎回毎回筋肉痛を感じながらも頑張って筋トレに取り組んできたことでしょう。

でも、今はどうでしょう

筋肉痛感じてます?

僕の友人にもこんな人が居ました。

知人
筋トレ頑張ってきたけど最近は筋肉痛にならなくてトレーニングしている実感がわかないいんだよ。これってちゃんと効果が出ているのかな・・・

筋肉痛は頑張った証のようなところがあるから辛いけど、ちょっと嬉しいよね。

でも、筋肉痛にならなかったとしても効果が全くないなんてことはないんだよ。

筋肉痛があっても無くても筋肉は鍛えられています。

でも、もしかしたら筋トレ方法が間違っているのかもしれません。

このページを読んであなたがどのタイプにあてはまるか考えてみませんか?

 

筋肉痛とは

おデブ知人A
筋トレを頑張ったら筋肉痛になる。でもどうして筋肉痛になるの?筋肉痛になったら本当に筋肉は鍛えられてるのかな

筋肉痛になるくらい頑張っているんだね!えらいね!!

筋肉痛になるってことは筋肉の繊維が傷ついているってことだからね。修復するときに強くなるんだよ

筋肉痛は、実はわかっていないことも多いのですが、一般的に筋肉を能力以上に激しく動かしたときに筋肉の繊維が傷つきます。

この筋繊維を修復する際に炎症が起こり痛みが伴うものと言われています。

この「筋繊維」とは、筋肉自体ではなく、筋肉や筋組織を構成しているとても細い数多くの細胞のことです。

※(画像元)くすりと病気の情報局

おデブ知人A
なるほど筋肉痛になる仕組みが良く解ったよ。トレーニングで傷ついて修復するときにどんどん強くなっていくんだね!

 

筋肉痛が来ないと筋肥大しない?

知人

初めの頃はトレーニングすると辛いくらいに筋肉痛になって「効いてる」って感じがして楽しかったんだけどな。

最近は筋肉痛にならなくなったからもうトレーニング効いてないのかなあ。

モテ男
筋肉痛にならなくなったと言う事は筋肉が成長しているってことなんだぜ!頑張ってるじゃないか!

でも、筋肉痛にならなくても筋肥大は起こっているから心配はいらないんだぜ。

運動やトレーニングをすると、身体の適応能力として筋肉は大きく強くなる仕組みになっています。体は大きな負荷がかかった後にはまた同じような負荷に耐えられるように体が準備をするのです。

これが「超回復」と呼ばれる筋肉の成長で筋肉痛はこの成長の過程の炎症なのです。

つまり、筋肉痛と筋肉の成長は直接的な関係がある訳ではないのです。

しかし何度も繰り返し行ううちに、同じような刺激ではだんだん筋肉痛を引き起こしにくくなり、やがて筋肉痛にならなくなります。

筋肉痛が起こっても起こらなくても、筋肉の超回復を促す筋トレができていれば筋肉はちゃんと成長します。

筋肥大で大事な事は筋肉痛になったか筋肉痛にならないかではなく、筋肥大に繋がる超回復を促す刺激を与える事であり、更に筋トレによって成長ホルモンを分泌させるというプロセスなのです。

知人
筋肉痛にならなくても筋肉は成長するんだね。このまま頑張っても良いってわかったら安心したよ。
モテ男
YES!!その通り!

でも、筋肉痛になりたかったらがっつり追い込んでやるからいつでも俺に相談しな!

 

筋肉痛にならない原因とは

僕も筋肉痛になっていなくても大丈夫って思っていたんだけど別な原因もあったんだよ。
知人
なるほど、やっぱり原因を自分でもきちんとわかっていないとダメだね

筋肉のコンディション

筋トレをしても筋肉痛にならないのは、筋肉の状態が良い状態とも言えます。筋トレを行った後には筋肉繊維は少なからず傷ついています。

しかし、その筋繊維の修復が素早く行われている場合が筋肉痛の痛みを感じません。

日常的に筋肉繊維の修復に必要な栄養を摂り質の高い睡眠が取れているのではないでしょうか?

筋肉痛が不必要に起きないように、健康的なライフスタイルが確立できていれば超回復も早く効率的に筋肥大されるでしょう。

筋肉のコンディションを整えていればより大きな負荷でより長時間トレーニングすることもできますのでより質の高いトレーニングが出来るようになれば、更なる身体のレベルアップに繋がるでしょう。

筋トレの負荷がちょうどよい証拠

筋肉痛は筋肉に慣れない負荷が掛かる事で起きます。つまり、筋肉に掛ける刺激に慣れると筋肉痛は軽減するのです。

自分に合った負荷と程よい頻度で筋トレを行うことで、トレーニングの負荷に筋肉が対応できるようになり、筋肉痛にならなくなります。

程よい負荷と頻度とは、筋肉が超回復によって大きくなりその効果がなくなる前で、1週間程と言われています。

例えば月に1度しか筋トレをしなければ、トレーニングの負荷に身体が慣れないので、筋肉痛が起こりやすくなるでしょう。また、筋トレ自体は適度でも慣れていない動きや新しい刺激を筋肉に与えてあげると筋肉痛になります。

負荷が足りない

筋肉痛は筋肉が慣れていない負荷や刺激によって起こります。

トレーニングも簡単に行えてしまうようであれば有酸素運動の様になってしまい、アンダーワークと言って筋肉の強化には繋がりにくくなります。

筋肉を大きくしたい場合にはしっかりと負荷を掛けられるように、負荷を大きくする必要があります。

負荷の強度が足りないと、筋肉を効果的に成長させる事ができませんので自分の身体に合うように、負荷の強度を高めると筋肉痛が起こりやすく、より鍛えられます。

かといって筋肉痛をもとめて負荷を大きくしてもケガに繋がったりやる気が無くなってしまうバーンアウト症候群になりかねません。

このようにオーバートレーニングはもちろん禁物ですが、アンダーワークも筋肉の強化には繋がらないので、トレーニングを行う場合にはしっかりと筋肉を追い込むように意識を高めましょう。

 

筋肉痛の時はトレーニングしていいの?

おデブ知人A
はぁ~!筋肉痛が辛い。今日はトレーニングしなくていいよね?
そうだね。筋肉痛が起こっているうちは筋肉は修復中だと思って間違いないよ。そんな時は別な部位を鍛えるか、休息をとった方が効果的なんだよ。

トレーニング効果を考えると、筋肉痛が出ている部分は休ませた方が良いでしょう。

筋肉痛が出ていると言う事は、まだ筋繊維の傷が治りきっていないと言う事なのです。

筋肉が元の状態以上に回復していない状態でトレーニングをすると、オーバートレーニング、また筋力ダウンになりかねませんので筋肉痛がなくなるまでしっかりと休みましょう。

個人差もありますが、超回復には約48~72時間ほど必要とされていますので、筋トレを再び行うときの目安になります。

トレーニングで体への負担が大きかったときには、回復にも時間がかかる場合もあります。

 

筋肉痛がこなくなったら

筋肉痛は自分の身体が痛む為、筋肉の成長を簡単に実感する事が可能です。

しかし、筋肉が成長するにしたがって、負荷に慣れて筋肉痛にならなくなることは実は良い事なのです。

筋肉痛にならないと痛みもなく快適なはずなのですが、どうしてもトレーニングが効いてる感じや満足感や達成感が薄れる様な気がしてしまいますよね。

そんな時がやってくることを想定してモチベーションを保つために、自分の筋肉の成長を確認できる手段を用意しておきましょう

例えば、一定時間でできる回数、持ち上げることもできるウエイトの重さ、体脂肪率、など記録を残して、筋トレを行うことで自分の身体が大きく強くなっている指標を「数字」にしておくのです。

このサイトで様々なアプリなども紹介していますのでぜひそちらも参考にしながら筋肉痛がなくても自分の頑張りが見える形にしておきましょう。

数字は嘘をつきませんので記録をとることで自分の成長が伸び悩んでいることも明らかになります。それが客観的数値でわかれば取り組み方に変化を入れたり、細かな点の調整を加えて更に良いトレーニングをすることが出来ますのでそういった点においても「記録」はとても大切になります。

僕が筋トレにくじけそうになっても頑張れたのは「筋トレノート」つけていたことと先輩とか相談できる相手がいたからなんだ。

筋肉痛だけを指標にしてしまうと挫折に繋がってしまうかもしれないよ。

 

筋肉痛を早く治す

おデブ知人A

昨日トレーニング頑張ったから筋肉痛が酷くて階段降りるの辛いよ~。

はやく筋肉痛良くならないかな~(泣)

モテ男
ちゃんと筋肉に良い生活してるかい?早く回復するためには生活全般にちょっとコツがあるから是非普段の生活も見直してみてくれよ!

筋肉痛は体に負担がかかっていますし、回復するためには体を効率的に休息させてあげる必要があります。

当たり前のことのように感じるかもしれませんが、早く回復することで結果的に筋肉も効率的に鍛えらます。

ポイントを掴んで休息して筋肉を大きくしましょう。

トレーニング後にストレッチをする

筋トレ後は筋肉が固まっていますので、乳酸が溜まりやすい状態になっています。

トレーニングを行った後はしっかりと筋肉をほぐして柔らかくしリラックスすることにより、筋繊維の修復や疲労回復も早くなります。

筋肉を冷やす

スポーツ選手などがやっているアイシングです。筋トレ後も同様にこれは効果的です。冷やすことによって血流を抑制して筋肉に起こっている炎症を抑えることができます。

ただ、筋トレ後、時間がたった後には血流を促進したほうが回復に効果的となりますので、冷やすのであれば筋トレ直後の数分の間に行いましょう。

温冷浴(サウナと水風呂)

ジムでトレーニングしている場合であればお風呂とサウナが付いている事も多いのではないでしょうか。

汗を流して体を洗い、湯船に浸かったあとはサウナと水風呂に交互に入ってみましょう。

1分程水風呂につかり、3分〜6分程サウナに入り、そしてまた水風呂に1分程浸かります。これを3〜4セット繰り返すだけで驚くほど、体の疲れや筋肉のコリがほぐれます。

水風呂ではじめて水風呂で終わるのがコツです。

質の良い睡眠をとる

当たり前のことですがきちんとした質の良い睡眠はなによりの休息方法です。

寝る時間にもゴールデンタイムというものがあると言われており、午後10時〜午前2時に寝ていると、成長ホルモンが分泌されるので、この時間にはぐっすりと眠っているように早めに就寝すると良いでしょう。

サプリメントを飲む

筋肉痛を治すためにサプリメントを摂取するのもひとつの方法です。

中でもBCAAは特におすすめです。

筋肉痛を治効果とともに予防する効果も期待できますので、トレーニング効率を上げることもできます。

筋トレ前30分ぐらいに飲み、負荷が大きな場合には筋トレ中にも飲んでもいいでしょう。

 

まとめ

  • 筋肉痛が無くても筋肥大は起こる
  • 筋肉痛にならないのは筋肉のコンディションが良くトレーニングの頻度がちょうどいいと言う事
  • 筋肉痛が無い時もしかしたら負荷が足りていないかもしれない
  • 筋肉痛が無くてもモチベーションが下がらなように「記録」すると良い
  • 筋肉痛を早く治す生活は筋肉を大きくする時に効果的である

いかがでしたでしょうか

筋肉痛がないという悩みにぶつかっていると言う事はまさに成長していると言う証なのです。

筋肉痛にならないくらい頑張ってきたのです、ここで辞めたらもったいない!

筋肉痛があってもなくても大丈夫なので、記録をとってモチベーションを維持して頑張りましょう!

くじけそうになったら、僕に連絡下さい!一緒に頑張りましょう!

 

 

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です