筋トレする時間がない!忙しくても効率的に筋トレする方法

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

筋トレをなんとか段々と習慣化できてきた僕ですが、営業職なのもあり、仕事終わりが遅くなったりして筋トレに割く時間が取れない!と悔しい思いをすることが増えてきました。

仕事が終わる時間がまちまちだし、やっぱり責任ある仕事終わりっていうのはプレッシャーやストレスでくたくたなんですよね(笑)

働き盛りの男性のみなさんはそういう僕みたいな人も多いんじゃないですかね?

筋トレは毎日しなくて良いといいつつも、せっかくここまで程よい筋肉がついてきた体を、もとのおでぶちゃん体型に戻したくないし…でも体は疲れていて休みたい!という気持ちとの葛藤が辛かったです。

しかし筋トレの効果を継続させるためには長く筋トレする時間をとればいいというわけでなく、短い時間でも効率良く筋トレすれば良いだけなのです。

僕は忙しくても、1日の間に時間をうまく作り出し、効率良く筋トレする時間を確保するマネジメント術を身に着けました。

今回は時間がなくてもうまく筋トレ時間を確保して筋肉を維持する方法をご紹介します。

 

朝、出勤前に筋トレする

出勤前に筋トレ!?そんな超人みたいなことできるわけないと思いましたよね?(笑)

僕も出勤前に運動するという人たちがいるというのは知っていたのですが、そんなこと僕にできるわけないって思っていたんですよね。

でも、仕事終わりが遅くなってしまってジムに行く時間が難しくなった時に、どうしても時間がとれないので思い切って朝筋トレをやってみたのです!

いつもは1時間から2時間くらは筋トレしていたのですが、朝にそんなに運動する時間はないのでせいぜい2,30分くらいです。

しかし、実際にやってみると意外と楽しい。

それに朝運動すると体がポカポカして1日中力がみなぎっているようでいつもよりも仕事もはかどるのです!

しかもいつもよりも運動時間も短いのに体型は崩れないのでびっくりしました。

実は運動後の6時間は脂肪が燃焼しやすくなるらしいのです。

なので、出勤前に筋トレするということは仕事している時に勝手に脂肪燃焼してくれていて、思わぬ効果をもたらしてくれていたんですね。

朝に筋トレするとこんなに良い効果があるなんて驚きでした。

 

仕事終わりにすぐ筋トレする

仕事終わりにすぐ!?疲れているんだけどなぁ…無理だよ…と思いますよね?

しかし、疲れてる時はささっと時短でやってしまうのが良いんですよ!残業続きで仕事が遅く終わる時は、家に帰って寝るだけ…という生活になってしまいますよね。

朝に筋トレもすごくオススメですが、どうしても朝早く出勤しなければならない時はこの方法をとっていました。

仕事終わりの場合は僕はジムに直行です。僕が行っているジムは24時に閉まるようになっていたので、なんとか24時までに30分でも40分でも運動していました!

それに、ジムは仕事終わりの17時や18時くらいというのは、仕事帰りのサラリーマンやOLさんがたくさんいます。

トレーニングマシンを使うのにも順番待ちの時も多かったのですが、閉まる間際はマシンも結構すいて待たずに使い放題です(笑)

ついでにジムのひろーいお風呂やサウナにも広々と自由に入れて一石二鳥です!

運動したあとすっきりして家に帰って後は寝るだけで、1日充実した気持ちで眠りにつけますよ。

 

筋トレは仕事中の移動時間でもできる

移動時間に筋トレといってもいつもよりも意識して気合を入れて移動するというだけのことです!

1、できるだけ階段を使って移動する

いつもはエレベーターやエスカレーターを使うことが多かったのですが、できるだけ階段を使って移動するようにしていました。

幸いなことに、僕は営業職なので外に出る機会も多くて結構効率的に運動時間にあてられていましたよ!

会社の同僚と一緒に移動する時も、同僚はエスカレーターを使うのですが、僕だけ階段を頑なに使うので最初のうちは

「そこまでする!?さすがだねぇ~」と笑われたりもしましたけど、今ではすっかり当たり前になりました。

2、電車やバスでは座らない

電車やバスはあたりまえのように座りませんでした。電車やバスでの揺れというのは、しっかり立ってるとそれだけで筋トレになるんです。

昔は空いていても立っている人を見てなんで立っているんだろう?と疑問だったのですが、今はよく理解できるのです。

座っている自分が怠けているようで、なんだか座っていられないのですよね。しかも電車やバスで立っている人で太っている人はあまりいないですよ。

今まではそんなこと全く気にしていなかったのですが、筋トレに勤しんでおデブから抜け出た今では以前とは見える景色が違うんですよね。

3、歩ける距離はできるだけ歩いて移動するようにする

仕事の移動で電車やバスを使うことが多いのですが、1人で移動するときは少しだけ早めに出て1駅分だけ歩くなどやっていましたよ。

あとは、家で筋トレする日もありましたが、早めに家を出て会社の最寄り駅よりも1駅前で降りて歩く日を作ったりもしました。

自分の気分でやりたい方をやってストレスなく運動できるのが良かったです!

移動時間に運動すると、最初は同僚などにびっくりされる時もあるのですが、僕が痩せるとともに段々と筋肉をつけていき、営業成績もあがってきたので、周りの僕を見る目も変わってきました。

やっぱり体が引き締まっている人は自己管理ができているよね~と社内でも噂されるようになっているようで気分がよかったです(笑)

 

デスクに座っている時にも筋トレする

僕は営業職で外に行くことが多いのですが、もちろん社内でデスクに座っている時もあります。

そんな時にも密かに筋トレしていました。

ここで、僕が実際社内でやっている筋トレ方法を教えちゃいます!

腹筋トレーニング方法

デスクに座って資料作成している時間も腹筋を鍛えていました。

腹筋を鍛える

1、背筋を伸ばして椅子に座る。

2、腹筋に力を入れて、姿勢を崩さないて腹筋に力を入れ、息を吸ったり吐いたりを繰り返す。

たったこれだけです!でも、実際にやってみると普段いかに腹筋に力をいれていないかを実感することができると思います。

下半身トレーニング方法

デスクに座っていても、腹筋のみならず下半身を鍛えられます。

太ももと膝周りを鍛える

1、背筋を伸ばして椅子に座る。

2、椅子の肘置きに肘を乗せて、足をまっすぐに伸ばしたり、下ろしたりを繰り返す。

これで筋肉量の多い太ももと膝の周りの筋肉を鍛えることができます。

ヒップトレーニング方法

筋トレを始めてから僕は周りにお尻を褒められるのがめちゃくちゃ嬉しかったのでヒップトレーニングは欠かせません(笑)。

ヒップを鍛える

1、椅子の前半分くらいにお尻を乗せて座ります。

2、椅子に座った状態で両足をできるだけ高く持ち上げます。

3、背もたれによりかからずに、背中を浮かせて行うのがポイント。

4、30秒ほどできれば上出来です。

しかし、これは周りから見ると結構変な動きなのであまり積極的にできないかもしれません(笑)。

上半身のトレーニング方法

肩と胸筋を鍛える

1、デスクの下に両手を入れて手を上向きにくっつけます。

2、イスを机に近づけて座ります。

3、机を押し上げるようなイメージで、机の下に入れた手を上方向へ向かって力をいれます。

4、その状態を10秒くらい保ち、5,6回ほど繰り返しましょう。

これで肩や胸筋を鍛えられます。

 

まとめ

・出勤前の筋トレで代謝もあがって仕事の効率も上がる

・残業の日こそジムへ直行することでお得なことが盛りだくさん

・移動時間は運動時間に早変わり!周りからの見る目も尊敬に早変わり

・デスクワークでも工夫次第で筋トレ時間になる

時間がなかなかとれない中でも僕なりにやっている筋トレ方法を紹介してみました。

こんなに常に運動しないといけないと思うと疲れてしまうかもしれないのですが、僕は常に全部を意識しているわけではなくどれかを意識しています。

でも、やはり筋トレが生活の一部になっているので何か筋トレしないと落ち着かないんですよね(笑)

もはや僕は筋トレマニアなんだと思いますが、今回紹介したことを是非やってみて時間がない中でもせっかくつけた筋肉を維持していきましょうね!

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です