筋トレって毎日やるべき?最短で効果的に鍛える方法大公開!

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

もうすぐ夏、海やプールを楽しむためにもかっこいい身体って憧れますよね?

でも筋トレって辛いし、できれば一番効果的に最短で筋肉をつけたい

そんなあなた、しい筋トレを知っていると自信を持って言えますか?実は正しい筋トレって毎日限界までやれば良いわけじゃないんです。

どれだけ辛い筋トレをしても方法が間違っていれば筋肉はつきません

僕は正しい筋トレの情報を知らなかったために、いくら筋トレをしても全然筋肉がつかない辛い時期がありました。あなたにはそんな辛い思いをしてもらいたくありません。

一時期は悩みまくっていた僕でも無事に筋肉をつけることができました。正しい筋トレのポイントは「超回復」という筋肉の回復サイクルにあったのです!

正しい筋トレさえ知っていれば筋肉はしっかりと付いていきます。正しい筋トレの知識を身につけかっこいい身体を目指し今年の夏を全力で楽しんでください!

筋トレは毎日やってもいいの?

結論から言えば、正しい筋トレの方法で行うのならば毎日筋トレしても大丈夫です。

逆に正しくない筋トレの方法で行なっている場合には、毎日筋トレはやらないほうがいいですね。

なぜなら、間違った筋トレを行うことで、筋肉は成長どころか怪我をする危険性を高めることに繋がってしまうからです。

私は正しい筋トレを始めたことによって筋肉をつけることができました。スタイルも変わり人からの印象も変わりましたよ。(詳しくはプロフィール)

でも何も考えずにやみくもに筋トレを行なっていた時には、筋トレしても筋肉はつかず空回り、筋肉がつかないせいで、体重の減りも悪く辛い時期がありました。

でも正しい知識をベースに筋トレをして筋肉がつきスタイルが良くなった今では、周りからの印象も良くなり筋トレの成果を実感しています。

周りからスタイルを羨ましがられるので、筋トレすること自体楽しくなり、筋トレを頑張り、また筋肉がつきスタイルが良くなるという筋トレサイクルに入っています。

そんな正しい筋トレと間違った筋トレの違いは、一体どこにあるのでしょうか。

違いは筋トレする際に部位ごとに分け、筋トレを行なっているかどうかにあります。

正しい筋トレは部位ごとに筋トレする日を決め、同じ部位が連続で傷つけられないようにしています。

なぜ同じ部位を毎日筋トレしては、いけないのか見ていきましょう。

正しい筋トレのポイント「超回復」とは

正しい筋トレのを行うためにはどうやって筋肉が太く強くなっていくか知る必要があります。まずは筋肉がでかくなるためのサイクルを見ていきましょう。

筋トレの回復サイクル
  1. 筋トレを行い筋肉が傷つけられる。
  2. 食事をとり筋肉の材料となる栄養を取り込む。
  3. 休息・睡眠によって傷ついた箇所に栄養が送られ筋肉が太く強くなる。

24時間~48時間かけて筋トレを行なった部位で起こりるこのサイクルのことを

超回復」と言います。

このサイクルを繰り返す事によってどんどん筋肉は太く強くなっていきます。

つまりこの超回復が起こらなければどれだけ辛い思いをしても筋肉は成長しないということです!

超回復を起こすために大切なことは?

超回復が起こらなければ筋肉は成長しないと説明しました。さて、何が超回復を引き起こすポイントなのか想像がつきますか?

それは食事と休息睡眠です。

食事でたんぱく質と糖質を取らなければ筋肉が回復するための材料が足りなくなります。

休息睡眠を取らなければ筋トレによって傷ついた筋肉に材料をうまく送ることができず、筋肉は回復することができません。

そうなってしまえばどれだけ筋トレをしようとも、超回復が起こらずに疲労が溜まっていってしまい筋肉がつかないばかりか怪我の危険性さえあります。

僕がどれだけ筋トレをしても筋肉が付かなかったのはこの超回復のポイントでもある食事をきちんと取っていなかったせいです。

ダイエットのための間違った食事制限をしながら筋トレを行なっていたせいで超回復を起こすことができずにどれだけ筋トレをしても辛いだけで筋肉が付かないという状況になっていたのでした。

筋肉がつけば自ずと痩せやすくなります。あなたが痩せたいと思った時には焦らずに無理のないようにバランスを考え栄養管理をしてください。

食事と休息睡眠をしっかりと取ることで超回復が起こりドンドンと筋肉がついていくのです。

質の良い食事、休息睡眠を取ることが筋トレの効果を最大に高めることに繋がります。

 

筋トレに向いている時間帯は?

筋肉を効果的につける方法は強い負荷を筋肉にかけることです。

そのためにも脳と神経が活発に働いていない朝は避け、完全に目が覚めている夕方から夜の筋トレを行うようにしましょう。

夕方から夜にかけて筋トレを行うことにより朝と比べ強い負荷をかけることが可能になってきます。

ただし夜寝る直前に筋トレを行うと睡眠の質を下げ筋トレの効果も下げることに繋がるので寝る2時間前には筋トレは控えるようにしましょう。

どうしても朝に筋トレを行う場合は、身体自体が硬くなっている可能性があるのでストレッチなどを念入りに行い怪我の予防に務めるようにしてください。

ストレッチを行うことで身体を温めることにも繋がり、起きてすぐに筋トレを行うよりも効果が期待できます。

もしも怪我をしてしまったらそれ以降の筋トレができなくなり本末転倒になってしまいますからね。継続こそが筋肉をつけることに繋がります。

また、身体の調子が悪い時には筋トレをしないなどの自己管理も筋トレを続けていくためには大切です。

どのくらい筋トレすれば良いの?

先程、強い負荷をかけることが一番効果的な筋トレ方法だとお話しましたが、負荷をかけすぎてしまうとかえって怪我の原因になってしまいます。

昔は僕も限界まで筋トレを行い肩を痛めてしまうことがありました。大切なのは無理をせずに目的にあった筋トレを行うことです。

ダイエットを目的とする場合

10回~15回で少し辛いと感じる程度の負荷がかかるよう気になる部位ごとにあった(スクワットや腕立て、ダンベルなど)筋トレをしてください。

筋トレの一週間の回数としては、超回復に24時間~48時間かかることを考慮し部位ごとに週に2回〜3を目安に行いましょう。

太い筋肉をつけることを目的とする場合

強めの負荷をかけるためにギリギリ8回できる程度の負荷をかけましょう。

初心者のうちはギリギリの筋トレをしても靭帯や関節に負荷がかかりすぎないので部位ごとに週に2筋トレを目安にしましょう。

ただし、筋肉がついてきて重い重量を扱えるようになれば靭帯や関節への負荷も大きくなります。

筋肉よりも血液量の少ない靭帯や関節は回復が遅いので、怪我を防ぐためには、腕や脚など筋トレした部位に分け、1回ずつの筋トレに抑えることが大切になってきます。

 

まとめ

  • 部位ごとに分ければ、毎日筋トレして良い。
  • 超回復が筋肉を大きくする。
  • トレーニングは夕方から夜の間にすると良い。
  • 目的にあったトレーニング回数にすることが大事。
  • 筋肥大には筋トレ以上に食事、休息・睡眠が大切。

ここまで読んでいただきありがとうございます。あなたは正しい筋トレをご存知でしたでしょうか?

一番大切なのは自分の身体と話し合い無理をして怪我をしないことです。筋トレは辛い思いをしながら無理をして毎日するよりも正しい方法で筋トレした方が効果的に筋肉をつけることができます。

ぜひあなたも今日から正しい筋トレを初めてかっこいい身体を目指してくださいね。

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です