筋トレするなら食事前?後?ダイエットにも効果的な時間とは

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

筋肉をつけて、細マッチョになろう!

ダイエットのために筋トレを始めよう!

思い立ったらすぐ始めたいけれど、ちょっと待って

「筋トレってお腹いっぱいでやってもいいの?量は?」

「空腹で筋トレなんてしたら筋肉減っちゃう?」

せっかく頑張って筋トレして筋肉が減っちゃうなんて嫌ですよね!

僕も仕事から帰って、「筋トレが先ですか?それとも食事ですか?」と聞いてくれる奥さんはいませんが、ふとした疑問から色々調べてみたら

ありました、もっとも効率よく筋肉が肥大しやすいタイミング!

このタイミングを利用すれば筋肉を大きくするだけではなくダイエットにも効果的なのでこの情報は必見です!

 

筋トレにもベストなタイミングがある!?

筋トレをしていても思ったように体に変化を感じられないと言う事ありませんか?

それはもしかしたら、間違ったタイミングでトレーニングしてしまっているのかもしれません。

実は筋肉を効率良く増やすためには、ちょうどいい負荷や回数も大事ですが、どのタイミングでトレーニングをするかもとても重要な要素の一つなのです。

そのベストな時間で筋トレすることでダイエットにも筋肉を大きくするのにもとても効果的なんです。

そして筋トレ後30分以内にたんぱく質を補給して、筋肉に栄養をあげましょう。

筋トレの後の超回復を考えると

筋トレは週休2日!毎日しないダイエットメニューの組み方公開

コチラでも紹介していますが同じ筋肉を毎日鍛えないように気を付けながら一週間2~3回、多くて4回ほど行い、身体作りを行っていきましょう。

 

食事前に筋トレをするメリットとデメリット

食前はお腹が空いてるし力も出ないし筋トレには向いてないんじゃないかなって思ったりしませんか?

でも、絶対にしてはいけないかと言うそう言うわけでもないのです。食前に筋トレを行うと良いこともあるのですよねー。

なので僕はその時その時で状況に応じて筋トレの時間を使い分けたりしていました。

食前に筋トレをするメリットとは?

まず、食事前に筋トレをしたとき一番のメリットは交感神経が優位になっているからなんです。

交感神経系=体の活動が活発になっているときの神経系

副交感神経系=体が休息状態に活発になっているときの神経系

つまり、筋トレをしているときは交感神経系が働き、食事(消化)や睡眠をしているときは副交感神経系が働く

交感神経系が活発なときは筋肉の血流が多くなり、副交感神経系が活発なときには消化器系の血流が多くなるのです。

食前は交感神経系が活発になっているので筋トレに適した状態と言えるのです。

その他にも、筋トレなどの強度の強い運動をすると食欲が抑えられる効果もありますので、ダイエット中や食欲が爆発しそうなときにはたまに空腹を忘れるほど頑張ってみたりしていました。

食前に筋トレを行うデメリットとは

食前にトレーニングをすると体は栄養不足の状態となり、筋肉が分解されてエネルギーとして使われてしまう可能性がある点です。

空腹状態では、血糖値が下がっており、そのため血糖値を上げるために副腎皮質ホルモンが大量に分泌されるのです。

副腎皮質ホルモンは、筋肉を分解してエネルギーにしようとする作用がありので筋肉をつけるはずの筋トレで、筋肉を分解してしまう本末転倒なことになってしまうのです。

怖いですよね~。

筋肥大を意識するようになってからはできるだけ空腹時にトレーニングをするのはやめちゃいました。

 

○○で筋肉の分解を阻止できる

空腹で筋トレをすると筋肉が減ってしまうと言われても

仕事をしていたり付き合いがあったりとなかなか時間の都合がつかず、いつもベストなタイミングで筋トレをするのは難しくてそれならもう辞めてしまおうかと思ったりする事もありました。

食後に筋トレをしたくても仕事から帰って来てご飯を食べてちょっと休んだらそろそろ寝る時間だったりしますよね。

そもそも帰宅も遅くなってしまうこともありますからどうしたらよいのか悩んでいたちょうどその時に

筋肉の分解を防いでくれる強い味方を見つけたのです。

それが『BCAA』と言う必須アミノ酸であるバリン・ロイシン・イソロイシン。この栄養が筋肉をタンパク質に分解されるのを防いでくれるのです。

体は空腹時など糖がたりない状態で筋トレすると、筋肉のたんぱく質成分を分解してエネルギーを補おうとします。

そこでBCAAを摂っておけば、筋肉のタンパク質を分解せず、代わりにエネルギーとなってくれるので、筋肉が分解されることを防いでくれるのです。

筋トレ前約30分に摂取しておけばトレーニングするころにはBCAAの血中濃度がピークとなりますので帰宅時間や筋トレをする時間がわかればその時間に合わせてBCAAのサプリなどを飲んでおくのが良いでしょう。

僕は「帰宅したらすぐ筋トレするぞ」と思う日には会社で飲んだり、電車待ちをしている時などいつでも摂取できるようにいつもカバンに入れて持ち歩いていました。

 

有酸素運動なら空腹で脂肪燃焼

筋トレをはじめたら、見た目とか気になりだしてそうしたらやっぱりダイエットだなと思い減量にも挑戦したくなるんですよね。

筋肉を大きくさせるという目的では、空腹時に運動はしない方が良いのですが、ダイエットなどの目的で脂肪を燃やしたい場合は、実は満腹時より空腹時の方が有効なのです。

空腹時に運動をすることで基礎代謝が活発になって有酸素運動のあと、食事で摂った栄養を吸収するために使われるエネルギーがより多くなるのです。

食べることによって消費する量が増えるのは嬉しい効果ですよね。

さらに、空腹時に有酸素運動をおこなうと血液中にエネルギーがほとんどないので、体脂肪が分解されてエネルギーになるためダイエット効果が期待されるのです。

運動しながら「今、脂肪が燃えている」と思うと結構楽しいですよ。

ただし、体に脂肪があまりついていないやせ型の人では、脂肪のみではエネルギーと作り出すことできず筋肉が分解されかねませんので注意してください。

また、空腹状態では思ったように筋肉を動かせないことも考えられるため、怪我だけはしないようにお気をつけください。

ダイエットのためとはいえ、仕事をしていると有酸素運動に時間を割いたり、空腹状態を作り出すのはむずかしかったので、僕は帰宅時に駅をひとつ前で降りて歩いて帰ったりしていました。

『有酸素運動』と言うと難しく思われるかもしれませんが、少し早歩きをする程度で十分なので気軽に考えて挑戦してみてください。

 

満腹で筋トレをしてみた

食前は空腹なので筋トレには向いてないなら、それならばベストタイミングは栄養が身体に十分補給された食後の満腹時かと思い、しばらく食後すぐに筋トレをしてしまっていたことがあるのですが

しかし、実は満腹時も空腹時もと同じように筋トレするには向いていなかったんです。

お腹いっぱいで激しい運動すればお腹も痛くなるし、消化も遅くなって胸焼けするし実際少し考えたらわかりそうなものなのに当時はあまり気が付かず話すのも恥ずかしい失敗をしてしまいました。

僕の失敗からもわかるように食後すぐは食べたものを胃が消化してくれている真っ最中です。胃が頑張っている時に筋トレを行うと消化不良を起こし身体に負担をかけてしまうのでやめましょう。

また、筋トレでダイエットを目的にしている人には脂肪が燃やされないのでダイエット効果は薄くなってしまします。

むしろ体に良くないので僕のブログで勉強されている賢いあなたは絶対に僕のような失敗をしないと思いますが満腹時はきちんと体を休めて下さいね。

 

いつ筋トレをするのがいいの?

食前もダメ、満腹時もダメってじゃあいつしたらいいのかわからないですよね。

僕も今のルーティンが定着するまでは色々な時間やタイミングでやってみたんですが

・交感神経系が活発であること

・体に栄養が充分に足りていること

の2点を満たしている状態がベスト

つまり筋トレに最も適したタイミングは、食後2~3時間後なんです。

食後2~3時間以上空けることで副交感神経系が落ち着いてきます。それに合わせて筋トレを行えば自然に交感神経系が活発になるのです。

よって筋トレに最も適した時間は食後2~3時間後となるのです。

 

食後に筋トレを行うときの注意事項

満腹になってすぐに筋トレを行うと、消化の効率が悪くなります。

満腹状態で運動をすると内臓に行くべき血液がうまくまわらず食べたものが上手く消化できなくなってしまい消化不良を起こしてしまいます。

筋トレを行うときは少なくとも食後30分ほど空けてからにしましょう。

消化不良を起こしてしまうと、せっかく食べた栄養がが体に取り込まれなくなってしまいます

筋肉を大きくするためには栄養が欠かせないため、頑張って筋トレをしても思うような結果が得られなくなってしまうかもしれないし

消化不良は起こしてしまうと気持ち悪いので、運動のしたくなくなり継続する気持ちが下がってやめてしまいたくなると本末転倒な話です。

血液中の糖をエネルギーとして消費するために食後のトレーニングの方がが良いと言っても、あくまで食後1時間以上空けてからの話です。

食後はゆっくりと休んで食べ物が消化されてきたかなと感じてからトレーニングしましょう~。

 

筋トレ前には糖分を摂ろう

トレーニングに使われる1番の栄養って何か知ってますか?

筋トレの時に使われる栄養は、糖質なんです。

トレーニング直前では体に吸収されないので、筋トレの一定時間前に摂取する必要があります。

ご飯やパンなどの「多糖類」は吸収が緩やかなので筋トレの60分前には摂取しておきたいです。

筋トレに必要なのは、筋肉を動かすためのエネルギー源となるグリコーゲンの材料となる糖質であり、そのなかでも優秀な炭水化物食品がおすすめです。

僕も体重を落としている時には低糖質を気にしていましたが、トレーニングをする前の食事ではきちんと炭水化物を食べるようにしていました。

 

筋トレ前の食事の適量とは

最後に、気になるのがどれくらいべたらいいの?ということだと思います。

筋トレと食事とダイエットの深い関係。食事制限のコツとは

筋トレに必要な栄養はこちらの記事でも紹介していますので参考にしていただければと思います。

食事の量は、筋トレの目的によっも変わってくるのですが

「10キロ以上減量したい」

「体重は変えずで体脂肪率を落として筋肉質になりたい」

「筋肉を大きくするために増量したい」など人によって目的は色々だと思います。

ダイエットが目的ならカロリー計算も大事ですが、簡単なところで意識したいのは腹8分目で、筋肉を大きくしたいなら栄養のバランスに気を付けながら満腹に近いくらいは食べても良いと思います。

自分が食べてるものって意外とわかっていなくて僕も記録をとるようにしてからは「こんなに食べていたのか!」と驚きました。

なので、初めはアプリなども利用しながらしっかり計算していくことが大事です。

少し面倒かもしれませんが、慣れてくると感覚が養われるので計算しなくてもなんとなくわかるようになってくるのでそうなれば理想の肉体はもう目の前だと思います。

是非こちらも参考にしながら、自分に合った食事量や食事方法を身に着けて理想の体への近道を見つけてください。

筋トレに役立つアプリの決定版!食事管理もこれでバッチリ!

 

筋トレ前の食事!初心者におすすめとっておきの筋肉メニュー

 

まとめ

  • 筋トレにベストな時間は食後2~3時間後
  • 食前にトレーニングをすると食欲が抑えられる
  • 空腹時に筋トレをすると筋肉が分解される
  • ダイエット目的なら空腹時に有酸素運動が効果的
  • 筋トレ前には糖分をとるのが大事
  • ダイエットしたい時は腹8分目

せっかく頑張ってトレーニングしても効果の表れにくいタイミングで行っていたらもったいないですよね。

ベストなタイミングで筋トレや有酸素運動を上手に合わせて、引き締まった体を最短距離で手に入れて下さい。

僕は知らずにずいぶん遠回りしてしまったのであなたにはその失敗をしてもらいたくないのです。

でも、そのおかげで今こうしてあなたに役に立つであろう情報をお届けできているので無駄ではなかったんですが。

効果が表れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、大丈夫です。トレーニングは嘘をつきません!

結果を焦らずにコツコツと頑張りましょう〜。

バルクアップアーマープロ

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です