運動不足がもたらす病気とは?おすすめのスポーツを紹介! 

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

運動不足と病気が関係あるかと言われてもあまりピンとこないですよね。

おデブ知人A
関係あるとすれば肥満ぐらいじゃないのかな?

でも実は運動不足が様々な病気を引き起こしてしまうのです。運動不足を放っておくと生活習慣病にかかりやすくなり、それがきっかけで脳梗塞や心筋梗塞になってしまったりもするのです。

そんな死に直結する病気になるかも知れないと分かっていながら運動不足を放置し続けますか?どうせなら健康で長生きしたいですよね!

運動不足で病気にならないように、運動不足の人におすすめできるスポーツを紹介しちゃいます。

 

運動不足は体にどんな影響を及ぼすの?

運動不足が続くと体力や筋力が低下します。さらには血行が悪くなり体の中に老廃物が溜まったりします。

運動不足が続いた分かりやすい例が肥満ですよね。

僕も以前は運動不足が続いており、お腹のサイズがみるみる大きくなり前履いていたズボンが履けなくなったのを歳のせいにしていました。笑

他にも運動不足が続くと動脈硬化や高血圧、糖尿病、心臓病などの生活習慣病にかかりやすくなってしまうのです。

これらの生活習慣病は放っておくと死因第2位の心疾患の原因にもなるので、早急に改善が必要ですね。

病気以外にも運動不足は仕事や趣味のパフォーマンスを下げてしまう原因になっているかも知れません。

仕事や趣味がデスクワークで座りっぱなしが続くと、筋肉が動かないため血行が悪くなります。また緊張状態が続くと脳がストレスを感じて、なおさら仕事などの効率が下がってしまうのです。

確かにずっと座りっぱなしで仕事をしていると集中力がもたなくなったり、時折眠くなってしまうことありますよね。そんな時は腕を回したり屈伸したりすると頭も体もスキっとするものです。

そうならないために時折体を動かしたり、運動を習慣化させて血行を良くし心も体もリフレッシュした方が効率よく仕事や趣味に没頭できますよね。

 

運動不足は心にも影響がある?

運動不足は実は体だけではなく心にも影響があるのです。

運動不足が続くと自律神経の働きが低下します。体も血行が悪くなり脳がストレスを感じやすくなります。

そうなると体のホルモンバランスが崩れ、精神が不安定な状態になったり、最悪うつ病になってしまうのです。

運動には実はストレス解消の効果もあるので、運動と心は密接に関わっているといっても過言ではないですね。

確かに、僕も運動をすると体はもちろん、心もスカッと晴れるのです。そして程よい疲れで夜はぐっすり眠れるので不眠知らずです!

 

運動不足でどんな病気が引き起こされる?

もちろん食生活など他の要因もありますが運動不足が続くことにより、動脈硬化、高血圧、糖尿病、心臓病などの生活習慣病になりやすくなります。

それが進むと心筋梗塞や脳梗塞、狭心症といった病気を引き起こしやすくなるのです。

他にも骨粗鬆症や結腸がん、うつ病などの精神疾患なども少なからず影響があります。

おデブ知人A
たかが運動不足と軽く考えていたけど、まさかこんな病気と関係があるなんて…
だからこそ運動を習慣化させるのは大事なのです!

 

運動不足と死亡率の関係は?

運動不足と死亡率って一見関係なさそうですよね。

僕も運動をしていない頃はそこまで深刻に考えていませんでした。

そもそも死因の半分はがんや心疾患なのですが、それらは運動不足、喫煙や飲酒、塩分の取り過ぎや暴飲暴食などの食生活が大きく関わっています。

これらの習慣が多いほどがんや心疾患にかかるリスクが上がるのです。

つまり運動不足と死亡率は直接的には影響はなさそうに見えますが、たかが運動不足と侮っていると怖いです。

運動不足を自覚しつつ行動しないよりも、少しでも運動して楽しく健康に長生きしたいですね。

 

運動を日常的にするとどんな病気が改善される?

運動を日常的にするのって結構大変ですよね。仕事で疲れていたりモチベーションが上がらないと運動するぞ!という気はなかなか起きないものです。

面倒くさい運動ですが、運動を日常的にすると病気が改善されるかも知れないのです!

運動を日常的に継続して行うと筋力や体力が向上してそれを維持することができます。それによって免疫力が上がり風邪を引きにくくなったり、体型を維持出来ます。

確かに僕も運動を始めた頃から少し痩せたねと周りから言われたのですが、運動を習慣化することによって今でも痩せてるねー!と羨ましがられます。やはり体型維持には運動を習慣化することが大事なのです。

また、動脈硬化・高血圧・糖尿病といった生活習慣病の予防にもなります。

運動はロコモティブシンドローム(脳卒中、認知症、骨折転倒、関節疾患、心疾患など)の予防にもなります。

ロコモティブシンドロームの原因は運動器の疾患、例えば変形性膝関節症、骨粗鬆症、骨折などや加齢による筋力・体力低下、筋委縮など運動器の機能低下によっておきるのです。

そういった病気がいずれ寝たきりにつながる恐ろしいものなのです。運動習慣とバランスの良い食事をすることがロコモティブシンドロームの何よりの予防になるのです。

運動は体はもちろん心にも影響を与えます。運動することで血行も良くなるしストレス解消にもなります。

是非、運動習慣を身に付けて心も体も軽くしたいですね!

 

おすすめのスポーツについて!

いきなり運動をしようと思ってもちょっとハードルが高いですよね。

僕の知人は逆に運動しようと張り切り過ぎて、運動初日に全身筋トレをバリバリやってしばらく筋肉痛に悩まされたそうです笑

運動は具体的にどういったことをすれば良いのでしょうか?おすすめのスポーツを紹介しちゃいます。

ウォーキング・ジョギング

手軽に出来る運動と言えばウォーキングやジョギングですよね。

でも仕事から疲れて帰ってきてウォーキングやジョギングを30分や1時間するのはちょっとな、と気が引けますよね。

初心者の方にオススメなのが通勤や買い物の時に一駅分歩くという方法です。これだと通勤などのついでに出来るので、運動しないと!という気構えも必要ないですからね。

ウォーキングやジョギングは何と言っても気分転換になるので続けやすいですよね。楽しく続けられる運動というのが大事です。

慣れてきたら距離や時間を長くして、それを習慣化すれば良いですね!

階段の上り下り

家や通勤に階段を使う方におすすめなのが階段の上り下りです。いつもエレベーターやエスカレーターを使うところを階段を使うだけでも運動不足解消になるのです!

家に階段がある人はいつもより1、2往復多めに階段の上り下りをするところから始めてみてはいかがでしょうか?

家などに階段がない人は台の上り下りだけでも効果があります。こんなちょっとしたことで運動になるなら取り組みやすいですよね。

ただ膝が痛い人にはおすすめできないです。くれぐれも無理しない程度に運動を楽しみましょう。

トランポリンや縄跳びなどのおもちゃ

昔トランポリンや縄跳びで遊びませんでしたか?実は縄跳びなどのちょっとしたおもちゃも運動になるのです。

トランポリンは5分で約50kcalの消費になりますし、縄跳びも10分で約70kcalを消費すると言われています。ウォーキングに比べて消費カロリーが多く時短になります。

どちらも室内で出来るので天候にも左右されなくて良いです。また、トランポリンはバランスを取ろうとするため体幹が鍛えられますし、縄跳びも体を引き締める効果があります。

ガッツリ運動する時間はないけれど、どうせ運動をやるなら効率的に痩せたいし結果を早く出したいという方におすすめです。

バドミントンや卓球など自分の好きなスポーツ

例えばバドミントンや卓球など自分の好きなスポーツや、興味のあるスポーツをやってみるのもオススメです。

効果や消費カロリーはそれぞれのスポーツによって違いますが自分が楽しく運動出来てストレス発散になりますし、趣味を広げたり定期的にやることで腕を磨くことも出来ます!

スポーツを通じて人と交流したり、仲良くなったりというのも醍醐味です。

毎日そのスポーツをやるとなると大変ですが、週に1回と決めてあとの日は基礎練習や体力づくり・筋トレに励んだりすると効率的に運動することが可能ですよね。

好きなスポーツがある人はこの際定期的に行って腕を磨いたり、このスポーツに興味はあるけどなかなか踏み出せないという方はこれを機会に始めてみてはいかがでしょうか?

ジムに通う

少し時間やお金に余裕があるという人でなかなか自分一人で運動は・・・という人はジムに通うこともオススメです。

最近は比較的安い料金のジムや24時間営業しているジムもありますので、スキマ時間に通いやすいですね!

ジムに行くことでスタッフもいますし、知り合いも出来たりします。もしくは友達と通うのも手ですね。

知り合いやいつもジムで頑張っている人がいたら、よし自分も頑張ろう!という気になるので続きやすいです。

さらにジムに行く曜日や1か月に行く日にちを決めると習慣化しやすいです。習慣化したら目標を立てます。そうするとその目標に向けて日々頑張ることが出来ます。

またお金を払っている以上、ジムに通わないともったいないという精神で通えますよね。笑

 

まとめ

・運動不足は生活習慣病にかかりやすくなり、心疾患などの病気を招く

・運動不足は体だけでなく心にも影響する

・定期的に運動することで生活習慣病やロコモティブシンドロームの予防になる

・運動は最初は楽しいと思う程度に自分がやりたいと思うものから取り組めば良い

仕事や家事でついつい運動は後回しになってしまいますが、運動不足が続くと様々な病気にかかるリスクが高くなります。運動不足は体だけでなく心にも影響します。

たかが運動と侮るのではなく、定期的に運動をして生活習慣病やロコモティブシンドロームになりにくく、免疫力が高い体を手に入れましょう!

日頃運動習慣がない人にとって運動はとてもハードルが高いものに感じますが、難しく考えず歩く歩数をちょっと増やすというくらいの気持ちで、いつもの生活に少し運動を付け足すだけでも良いのです。

慣れてきたら回数や時間を増やしてその運動を習慣化させればよいのです。

運動を習慣化させて理想の体と一緒に健康も手に入れちゃいましょう!

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です