運動不足の症状は40歳が節目!?健康な老後のために

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

一般的に20歳をすぎると筋肉量は一気に減少していき、筋肉の衰えはが始まってくるといわれているのをテレビや雑誌でもよく聞いたり見たります。

30代を超え、40代になった方は筋肉の衰えを感じている人も多いのではないでしょうか?

例にもれず僕も筋肉の衰えを感じていました。

しかし、僕の行っているにジムに、40歳をとっくに超えているぽいけど、そうとは思えないくらいかっこよくて元気でイキイキとしてる素敵な方がいたので、健康の秘訣を聞いてみました。

40歳っていうと まだまだいける!と思っていたけど、 体力的にも20代とは違って息切れをしたり、疲れがとれなかったりと感じてきたんですよ。

どうしたらそんなに元気でいられるんですか?

知人

やっぱり運動が大事だよ!しかも無理なくやることで体だけじゃなく精神面にも良い影響があるんだよ!

僕のようにしていれば君も僕みたいな生活が送れるよ!

 と教えてもらい、40歳過ぎても元気でいられる秘訣を聞いちゃいました。

それを実際にやっていると疲れしらずで以前よりも元気に毎日過ごせるようになったんですよ。

それに、今回話を聞いたことで今後訪れる老後も健康で楽しめるという希望がわいてきました!

今回は皆さんにもとっておきの秘訣をお伝えしていきたいと思います!

 

運動不足の思わぬ症状

運動不足の症状として、僕は、電車で吊革を持たないとふらついてしまったり、階段を登ったり、長い距離を歩くと息切れしてしまうことが本当に多くなってきてしまいました。

厚生労働省の調査によると、近年の日本では、家事や仕事の自動化、交通手段の発達により身体活動量が低下してきたり、食生活の変化とともに近年の生活習慣病増加の一因となっているようです。

運動不足の症状は老後に現れる

運動不足を放っておくと、肥満になったり、代謝機能の低下、筋力の低下などを引き起こします。

肥満がメタボリックシンドロームの原因となり、他にも骨粗鬆症や関節疾患などの恐れも出てきてしまいます。

さらに最悪の場合、脳卒中、心臓病などを引き起こし、要介護や寝たきりの原因になってしまうこともあります。

知人

僕が40代に入ったころ、自分の父親が足や腰が弱って寝たきり状態になってしまったんだ。それに認知症ぎみでもあったし、運動不足がたたって糖尿病や脳梗塞も発症してまってね。

父親は寝たきりになってからわずか1年ほどで亡くなったんだけどね。

ええ!?そんなことがあったんですか?

お父さんが寝たきりに…しかも認知症や糖尿病になったなんて、びっくりです。

知人

親孝行しようと思っていたらこれだよ。それで、調べてみたら40歳くらいで運動不足だと認知症や生活習慣病になる確率が高くなるって分かったんだ。父親も全然運動していなかったから。

長生きしても健康じゃないと意味ないなって思ったんだよね。

話を聞いて、運動不足の症状は太ってるとか、動きが鈍くなるとかだけではなく、生活習慣病や認知症などのリスクにもなることを実感として始めて認識しました。

40歳時の運動不足は恐ろしいことに

運動不足の症状では、まずは筋肉の衰えを感じることが多いですが、症状としてすぐに現れるわけではない、生活習慣病や認知症についても影響があるというふうに言われています。

40歳時に運動能力が低下していると、20年後に脳が早く萎縮する傾向があるという調査結果を、米ボストン大学などの研究チームが発表した。

今回の研究は、若い頃からの運動の継続が重要であることを裏付ける結果になった。40歳の頃にウォーキングやランニングをするとすぐに息切れするという人は注意が必要だ。

引用 保健指導リソースガイド http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2016/004963.php

うわ…認知症かぁ。生活習慣病もだけど、これは他人事じゃないぞ。

しかも 40歳の頃にウォーキングやランニングをするとすぐに息切れするという人は注意 だなんてれはまさに僕のことじゃないか!

認知症になってしまっては、周りに迷惑もかけるし、それに年を取ると足腰も弱くなって人に出助けしてもらう生活はできればしたくないですよね。

健康でなければ老後を楽しめません。

運動不足というのは、漠然と太ったり、足腰が弱くなって生活しづらくなるからいけないと思っている方も多いと思います。

しかし、運動不足を放っておくと深刻な病気を引き起こしてしまう可能性があります。

 

厚生労働省の老後についての調査

僕は、退職後は当然元気で旅行にでも行くんだろうなと思っていました。

認知症になるリスクや、老後を健康に過ごせるかなんて今まであまり真剣に考えたことがなかったです。

しかし、世界から見ても日本人はこの数十年でかなり寿命が延びているし、健康に老後を過ごせるかを真剣に考えなくてはいけない時にきているのかもしれません。

健康な老後についての関心は、やはりみんなが感じているようです。

厚生労働省の調査

『あなたにとって老後に不安なことはなんですか?』という質問の回答第一位は

健康上の問題。

引用 厚生労働省 統計情報・白書 https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/16/backdata/01-02-01-02.html

ちなみに第二位が経済上の問題です。

お金も大事ですが、健康じゃなければお金がいくらあっても意味ないですよね。

まだ若くて体も問題なく動くと、将来についてあまり考えないかもしれませんが、本当に真剣に老後について考える機会です。

息が切れるなぁとか、動きが鈍くなったなとかいうのをそのままにしないで、できれば運動をやったほうが良いことが分かったのではないでしょうか。

 

老後の健康維持を考える

老後に病気や寝たきりにならず元気に過ごすには、やっぱり運動を適度に行うことが大切なんだなぁとわかってきましたよね!

運動不足は、体力や全身持久力が低下し、身体活動量が減少します。

身体活動量のが少なくなると、さらに体力や全身持久力の低下、筋力や筋持久力の低下も招いてしまいます。

それに、運動不足は、耐糖能異常、脂質異常、高血圧、肥満などの生活習慣病の発症リスクを増大させ、心筋梗塞や脳卒中などの命の危険のある疾患にもかかりやすくなり、死亡リスクをも増大させてしまうと言われています。

決して運動不足を放置してはいけないのです。

知人に老後に健康でいるにはどういう運動を意識してやっているのかというポイントを聞いてみました。

脳や体を元気に保つポイント

知人

僕は、ただがむしゃらに運動しているわけではなく、筋肉を衰えさせないことはもちろんのこと、脳をも元気に保つということも意識しているんだよ。

主にやっているのは、ウォーキングと登山なんだ。

ウォーキング

運動をすれば血流が増え、より多くの酸素が脳に運ばれる。過去の研究では、短い時間でもウォーキングなどの運動をすることで、脳の認知機能をコントロールする部位の活動が活発になることが確かめられている。

保健指導リソースガイド  http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2016/004963.php

と厚生労働省でも言われているようにウォーキングは体だけでなく脳にも良いようです。

ジムでも知人はウォーキングマシンを使ったりしてウォーキングしていますが、奥さんと一緒に近所の周りを散歩がてらウォーキングしています。

大事なのは無理しない程度の運動を続けることだそうです。

日常生活で自然と運動するのが一番です。

自分の日常生活でどう運動できるか考えてみてくださいね。

普段運動不足だと思っている方は、日常生活でも通勤時に歩くなど、意識すれば意外に運動はできるものですよ。

身体活動量と死亡率などとの関連をみた疫学的研究の結果からは、「1日1万歩」の歩数を確保することが理想と考えられる。

引用 厚生労働省 身体活動・運動 https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b2.html

とあるように1万歩を目標にすると良いですね。

登山

趣味で運動をするというのが無理なくできて良いものですが、その中でも最近は登山をしている人を多く見かけることが多いですね。

登山といっても富士山などの大きい山ではなく、近所にあるハイキング感覚で楽しめる山登りが健康維持に役立つと言われています。

老後に友人・近隣との交流やグループ活動、就労を積極的に行うことは、認知症を予防するために重要と言われています。

登山や地域のサークル活動などによって他人と交流を持つことは身体的にも精神的にも健康な老後を過ごすことに重要ですね。

知人も登山をしているということで、一緒に登山に挑戦してみました。

登山は低い山でも結構きついけど、登り切った達成感がくせになりそうなくらい楽しいな!

それにすれ違う人と挨拶してたり、世間話をしたりして仲良くなって交友関係が広がったし。

景色も空気も綺麗で、友人関係も広がるし、運動不足の解消になるし、新しい世界がひらけたなぁ。

まとめ

運動不足を放っておくと将来大変なことになる恐れがある

・40歳は健康な老後についても考える時期である

・運動は体だけではなく、脳も鍛えることで色々な成果がある

老後に大切なのはお金よりもまず健康である

・運動不足解消は無理せず、楽しむことが大事である

僕と同じ40代の皆さんには参考になったんじゃないでしょうか?

まだまだ大丈夫と思っていても疲れがとれにくくなる40代…

僕はジムで出会った素敵な友人に教えてもらい、運動もしつつ交友関係も広がりました。

教わったことを意識してから、よく歩くようになったおかげで、ふらついていた電車ではしっかり立つことができるようになりましたし、毎日元気いっぱいです。

運動不足な僕はどこにいってしまったのかと思うくらいの変わりようです。

健康で楽しい老後を過ごすためにも皆さんも運動始めてみませんか?

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です