運動不足ならすぐ動き出そう!低血圧が原因の立ちくらみかも?

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

あなたは朝だるい疲れやすい立ちくらみがするなどの症状に困っていませんか?

その症状もしかしたら低血圧かもしれませんよ。

知人にもこんな人がいます。

知人
最近、疲れせいか血圧が低くくて朝は起きれないしだるくて、疲れがなかなか抜けなくてこれって改善方法ってないのかなあ
低血圧って病気でもないし周りから理解されにくくて辛いよね、でもそれはもしかしたら運動で改善するかもしれなよ!

急に立ち上がったらめまいや立ちくらみがしたり、長時間立っているときにふらふらしたりする。立ちくらみの原因のひとつになっているのが低血圧なのです。

でも大丈夫、このページではそんな不調の原因究明と改善方法をしっかりご紹介いたします。

運動や食事を見直すだけで、以前のように元気で活力にあふれる自分に戻れる可能性が十分に考えられます。

詳しくは下の記事を読んでみてくださいね!

 

あなたの立ちくらみ「低血圧」かもしれません

知人
仕事中にすぐ疲れたり、立ちくらみがして最近は仕事に集中できないんだよ。サボりたいわけじゃないのに
低血圧は人に理解されにくいのに日常的に症状があってつらいよね

やる気がないわけじゃないのにからだがだるい、仕事をしていてもすぐに疲れて横になりたくなる。

熱もない体はいたって健康なのに、上記のような症状が続いている場合には低血圧を疑った方が良いかもしれません。

また、低血圧には、めまい、頭痛、肩こり、吐き気、耳鳴り、胃もたれ、不整脈、発汗、動悸、などさまざまな症状があります。

どの症状もなった本人はとてもつらく感じるものですが、「低血圧は病気じゃないから」と軽視される傾向にあります。

高血圧のように病気につながるものではないと思われるが故の認識の甘さなのでしょう。

また、高血圧では病院にかかる人はたくさんいますが、低血圧では健康診断で指摘されることも無くそもそも低血圧がどのような症状を引き起こすかあまりよく知られていないのが現状でしょう。

もしも、上記のような原因不明の症状が続いていたら定期的に血圧を測ってみましょう。

最高血圧がいつでも110mmHg以下であった場合、低血圧が原因かもしれません。病院で検査を受け、病気との関連性や自分の低血圧のタイプを知っておけば普段から対処しやすくなるでしょう。

 

立ちくらみはなぜ起こる

知人
ちょっと立っていただけなのにクラクラしたり、お風呂に入っていても湯船につかるとクラクラほんと立ちくらみはつらいよ
それはつらいね。実は立ちくらみには色々な種類があるんだ。
知人
立ちくらみって種類があるなんて知らなかった~。俺はどれにあてはまるかな

本態性低血圧

低血圧の中で一番多いのは、原因が判明していない「本態性低血圧」です。

ほとんどの人は体質的なものですが、血縁者の中に低血圧の人がいる場合には、遺伝かもしれません。

病院で検査をしても、ほかに病気の可能性がない時に、本態性低血圧を疑うことが多いようです

起立性低血圧

朝起きたときベッドから起き上がった際にふらついたり、いすから立ち上がったときなどに、突然めまいが起きるのが「起立性低血圧」です。

一般的に、寝ている状態から立ち上がり、最大血圧が20mmHg以上下がった場合に、起立性低血圧と診断されます。

原因は、低血圧によって脳の血液量が減少しやすかったり、血圧を調節する自律神経の障害によります。

このタイプの人もふらつきは、いつもは低血圧ではない人にもみられることがあります。

二次性低血圧(症候性低血圧)

病気や薬が原因となって低血圧になるタイプです。

例えば、糖尿病で血糖値コントロールが出来ていないときも起こりやすい低血圧タイプです。

そのほか心臓の弁や血管の異常、内分泌系疾患、パーキンソン病、甲状腺異常などの病気でも、低血圧になることがあります。

その他、高齢者に多いのが降圧薬などによる副作用や、食後低血圧という食事をした後にめまいやだるさを感じるタイプもあります。

普段は高血圧の人でも、一時的に低血圧になることがあります。

低血圧の症状

低血圧の症状とは、主に疲れやすさ、だるさ、耳鳴り、めまい、肩こり、食欲不振、不眠、集中力の低下、動悸、息切れなどとなっています

いつも朝、なかなか起きらない人や、午前中は覇気がなくぼうっとしているといった人も低血圧の症状かもしれません。

起立性低血圧の場合は、急に立ち上る、起き上がるなどしたときにめまいや立ちくらみが起き目の前が暗くなったりします。

さらに、ひどい場合は失神することもあります。

その他、心臓や胃が一時的に血液不足になりますので、動悸や胸やけ、吐き気、みぞおちの辺りに痛みの症状を訴えることもあります。

知人
そうそう!俺の症状はまさにコレ!

 

低血圧のときに疑う病気

知人
これらの症状に当てはまってるってことはただの低血圧だから心配はいらないんだよね?
それはどうかな。もしかしたら病気が原因の場合もあるから心配な症状があったら病院を受診してね

起立性調節障害

小学生頃から中学思春期の頃の子どもに多い、自律神経失調症症状の一つです。

立ち上る際に血圧の調整がうまくいかなくなり、血圧が下がり立ちくらみが起こります。

また、立ちっぱなしで気持ち悪くなったり、動悸や息切れ、食欲がなくなる、疲れやすい等の症状もみられますが、ほとんどの場合、成長するとともに改善されます。

甲状腺機能低下症

免疫の異常によって、甲状腺ホルモンの分泌や作用の低下する病気です。

血圧が低くなると疲れやすい、だるい、必要以上に寒けがする、むくむ、肌がかさつく、月経不順などの症状があらわれます。

40歳から50歳代の女性に多く発症しているようです。

心筋梗塞

心臓の筋肉の血管に血液を送っているのが冠動脈です。

信沿いの筋肉に血液を送る冠動脈が硬くなり狭くなっているところに、血栓が詰まってしまい、血流が完全に止まってしまうのが心筋梗塞です。

ある日突然、胸に激しい痛みが起こり、心筋の壊死が始まります。痛みは30分から数時間に及び続くことが多いようです。

心筋の壊死の範囲が広がってしまうと、血圧が低下して顔が青白くなり、気持ちが悪くなり冷や汗などがみられ、意識を失って死に至ることもあります。

動脈硬化が主な原因ですが、これに高血圧や糖尿病、肥満、喫煙などが重なると非常にリスクが高まってしまうでしょう。

不整脈

心拍数が標準値の1分間に60100回程度を超えて、多かったりすくなかったり、または心拍のリズムが不規則に乱れるのが不整脈です。

動悸が起こり同時に低血圧や失神、意識を失ったりして心停止に至ることがあり、命の危険があり、心臓や循環器の専門医への受診が必要です。

肺塞栓症(はいそくせんしょう)

血栓が肺動脈に流れ込み、詰まってしまった状態です。

足の静脈に出来てしまった血栓がはがれたり、静脈注射でまちがって静脈内に入った空気が肺動脈に流れ込んでしまうと起こります。

この症状は長時間同じ姿勢で座っていたり、点滴時の大量の空気がはいってしまうことによっても起こる場合があります。

急な呼吸困難や胸の痛み、せきや血たんなどの症状がでたり、血圧が急激に低下してショック状態になり、突然死することもあります。

アジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)

結核や自己免疫の異常が原因で、副腎皮質で生産されるホルモンの分泌量が低下する病気です。

嘔吐や下痢をすることも多く、筋力が低下することもあり疲労感や脱力感を感じることもあります。

皮膚に色素沈着が起きて顔や手の甲などが黒くあらわれます。

副腎皮質の出血などがみられると心臓の機能が低下し、極度の低血圧や意識消失におちいることがあります。

 

立ちくらみが起こった時の対処法

  1. 立ちくらみを感じたら、倒れて怪我おしないように、慌てずにゆっくりとまずは低めの姿勢を取りましょう。
  2. 身体を締め付けるような服装の場合は、ベルトやボタンなどをはずし、ゆっくりと症状が治まるのを待ちます。
  3. 治まった後は絶対に急いで動ごいたりせず、何か頑丈なものにつかまりながら、ゆっくりと立ち上がるようにしましょう。
立ちくらみなどの症状が出たときには無理なく休むことが大切です。

 

低血圧と貧血の違い

低血圧による立ちくらみやめまいを起こすともしか貧血なのではないかと思う人も多いと思います。

でも、低血圧と貧血は全く違うものなのです。

貧血は、全身に酸素を運ぶヘモグロビンが血中に足りなくなり、体の酸素が不足している状態のことを言います。

ほとんどの場合ヘモグロビンの主成分である鉄分不足が原因となって起こります。

貧血の場合は血液検査を受けるとすぐにわかりますので鉄剤を処方してもったり、レバーや緑黄色野菜を多めに食べて、バランスのとれた食事を心がけることで改善することができます。

一方、低血圧は、体質や病気など様々な原因で血圧が低い状態です。貧血とは引き起こされる仕組みや対処法がまるで違うのです。

急に立ち上がったときにめまいや立ちくらみを起こす状態を、一般的に脳貧血と呼ばれているので、貧血と低血圧は同じように思われてしまうのかもしれません。

ふらふらしたり、めまいや立ちくらみの目に見える症状が似ているのですが、全く違うものなのです。

知人
俺もはじめは貧血だと思ったんだよね。でも健康診断で血液検査をしたときには全く問題なかったから変だなと思っていたんだ。
このように立ちくらみって聞くと「貧血」だと思う人が多いんだよね

低血圧を改善しよう

知人
低血圧は病気じゃないから薬もでないし諦めるしかないのかな
たしかに病気が原因じゃなかったら薬はでないよね。

でも、低血圧を改善する可能性がありますのでここで紹介する方法を是非試してみてね

きちんと食事をしよう

食事をきちんと摂らないと栄養バランスが悪くなってしまいます。

1回の量は少量ずつで大丈夫なので、きちんと3食摂るように心掛けましょう。

特に大切なのが肉や魚などのタンパク質をしっかり摂ることです。日頃から不足しがちなミネラルは野菜や海草類を積極的に摂ることで補うようにしましょう。

低血圧の人は大抵の場合疲れやすい特徴を持っています。クエン酸や塩分が多く含まれている梅干は、食事と一緒に取るのもおススメです。

また、水を多めに飲むことも大切です。水分を摂ることは、血液量を増やすことにもつながります。

1日1~2L程度を目安にしましょう。ただし、足がむくんだりした場合は、量を減らしましょう。

適度な運動

一般に低血圧の人は、手や足などの末端部分の血管の収縮力が弱いため、血液がうまく体中を巡りません。

つまり、末端部の血液が、心臓にうまく戻るりにくくなっているのです。それがむくみの原因となっています。

血液をうまく循環させるためには、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのが効果的です。

ふくらはぎの筋肉を鍛えるために、ウォーキングや階段昇降を行ってみましょう。

ただし、ウォーキングのように早歩きをすると動悸や息切れを起こしやすい人もいますので、その場合には無理をしないで、散歩のくらいのペースで歩くのを楽しみましょう。

時間がない時には、自宅での階段昇降もしくはステッパーでも昇降運動すをするのも効果的です。

20~40分程を目安にゆっくり取り組みましょう。

この運動は血液循環をよくしてくれますが、ふくらはぎに筋肉が付くことで自然に脚の血液循環が改善され、むくみの解消にもつながります。

運動することでめまいや動悸がする場合には医師に相談しましょう。

早寝早起きで規則正しい睡眠

低血圧の人は寝ている間にさらに血圧が低くなり朝が弱いため、早起きが苦手です。

そのため夜はついつい遅くまで起きていて、また朝起きられないといった悪循環に陥ることもあります。

起きてすぐは頭も身体も動きが鈍り、なかなか動くことが出来ません。

しかし、きちんと早寝早起きの習慣をきちんと身につければ自然と目覚められるようになります。

 

まとめ

  • 立ちくらみの原因は低血圧かもしれない
  • 立ちくらみにも種類がある
  • 低血圧は病気が潜んでいるかもしれない
  • 立ちくらみが起こったら静かに治まるのを待つ
  • 低血圧を貧血はまるで別物
  • 低血圧は運動や食事で改善することが出来るかもしれない

低血圧は様々な辛い症状があるにも関わらず、病気ではないと言う理由で怠け者のような評価を受けてしまうことありませんでしたか?

適度な運動や食事によって改善できる可能性がありますので、ぜひ今日から改善生活始めましょう。

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です