運動不足からの症状と影響?~イライラ~精神面疲労とは?

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

あなたはイライラしていますか?

僕も昔は、些細なことでイライラしてました。

部下がミスをして、僕のせいかもしれないのに、部下の言い訳も聞かず、ただ文句をいうみたいな事もありました。

自分でいうのもなんですけど、完全に嫌な上司でした。今考えたら、完全にパワハラですよね。

しかも怒り治まってなくて、帰りにやけ食いなんてこともしばしばあった(笑)

でも、今は部下からも相談されるようになって、良好な関係築けてます。

そう。僕は昔70kgありまして、モテたいが理由で筋トレをしまして今50kgまで落としたんです。

そしたら疲労とか飛んで、イライラすることがなくなりました。

なんでだろう?って思ってたら理由があったんです(笑)

偶然なんですが、その方法を公開します。

あなたも運動したくなりますよ。些細なことでイライラしなくなります。

 

疲労がもたらすイライラ

なんでイライラするのか、考えた事ありますか?

いろいろ諸説ありますが、僕は疲労によることが多いと思います

根拠、そういう人が多いからです。それに僕がそうだったからです。

なかなか疲労って修復できないものですよね。それの繰り返しで疲労がたまって、心に変化が起こり始めて、ネガティブなことばかりに心が向き、イライラし始めるのです

まさに負のループ。抜け出したいですよね。

ちなみに僕は運動し始めてから、疲労知らずです

疲労って簡単にいうけど、大きく分けて2つあります。

肉体的疲労と精神的疲労

肉体的疲労…たとえばマラソンや肉体労働の後など、身体を動かした後にくる疲れの事です。体の疲れということもあります。

精神的疲労…人間関係や社会環境など、心理的ストレス要因によって心が疲労する事です。心の疲れということもあります。

現代、人間関係による精神的疲労が多いのだそう。そりゃそうですよね。

知人が、昔退職するっていいだしたんで、理由聞いてみたら、人間関係のストレスで退職したいって言ってました。仕事楽しいっていたのに、もったいない。

対処法教えてあげれたらよかったんですけど、その時まだ対処法気づいてなかった。だから、「そんなにストレスって思うなら辞めるべき」って答えたんです。

結局、3か月後退職しました。当たり前の話なんですが、退職するのにも引き継ぎとかあって、大変そうでした。最後は、見てて精神グダグダ状態でした。

このように現代、疲れを持ち越すタイプが多いみたいです。

疲労を続けると

慢性疲労…6か月以上疲れが続く、一晩寝ても疲れがとれないこと。しかし、日常生活に影響をきたない。

日常生活に影響をきたすほどの激しい疲労感や微熱、頭痛、睡眠障害が6ヵ月以上続く病気「慢性疲労症候群」の患者が近年増加してます。

慢性疲労も慢性疲労症候群も増えてる。疲労とどう戦うが求められてるってことですね。

 

疲労対策には

疲れってなんだろう・・・

でも今僕は疲労って感じないし、あったとしても一晩寝たら忘れてる(笑)

それが一番厄介な点です。肉体的疲労はすぐ治るが、精神的疲労はそう簡単にはいきません

疲労は「疲れ」とも表現され、痛みや発熱と同様に「これ以上、運動や仕事などの作業を続けると体に害が及びますよ」という人間の生体における警報のひとつです。

引用 公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット/疲労とは?疲労の原因と回復方法

イライラの根本原因、疲労を対処しましょう。

肉体的疲労は、休養や栄養で対処できます。

精神的疲労は、対処が難しいです。

まずは、休むこと。きちんと睡眠をとって、笑う・アロマテラピー・入浴により休養を取ってもダメなら、この方法をやってみて下さい。

アクティブレスト

アクティブレストって知ってますか?積極的休養のことです。

休むのに積極的って疲れそうですよね(笑)そこをあえて体を動かすことで回復を促すことがアクティブレストなんです

疲労状態の体は筋肉が固まってます。血行が悪くなり、栄養を運べなくなり、老廃物を排出したりすることも困難になります。

そこで考えられたのが、あえて体を動かすことにより、筋肉をほぐして全身の血行を良くなどして、体内にたまった疲労物質を取り除くという方法が、アクティブレストです。

疲労と一緒に考えるとわかりやすいですよね。

疲れたら休むのではなく、疲れたら体を動かしましょう

精神的疲労は、ストレスも溜まっていて、このストレスに対抗するため交感神経が優位になり、体が緊張状態になります。

じゃあ、筋肉をほぐしてならないと。

目的は筋肉をほぐして全身の血行を良くすることです。

僕最近、サイクリング誘われて、内心、はじめは「仕事で疲れてるんだ、休ましてくれよ。」って思ってたんですが、最後爽快感が半端なかったです。

これも、アクティブレストですね。肉体的疲労にも効くのです

注意したいのが、あまり激しい運動はしないこと。軽めの有酸素運動は循環器系を活発化し、疲労回復を早めることができます

それに忙しく働いてるビジネスパーソンにおすすめですよ。精神的疲労にアクティブレスト試す価値あります。

 

イライラをなくす具体例

僕は今、普段バーベルなどのウェイトを利用した筋トレを行っているのですが。

仕事がない時に、早足で歩くようなウォーキングをアクティブレストとして取り入れてみたりしますよ。

あくまで軽めの有酸素運動ですよね。それくらいがいいでしょう。

最高でも汗ばむ程度がよいですね。

ウォーキング

なんといってもウォーキングでしょう。

リズム体操(同じ動作う繰り返す運動)ですから、脳でのセロトニンゆう気分を良くする働きのある伝達物質の分泌をさらに促します

さらにセロトニンは日光を浴びることでも分泌をさらに促します

セロトニン(serotonin)、別名5-ヒドロキシトリプタミン(5-hydroxytryptamine、略称5-HT)は、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種。

名称はserum(血清)とtone(トーン)に由来し、血管の緊張を調節する物質として発見・名付けられた。

ヒトでは主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与する。

引用 ウィキペディア

要するに朝にウォーキングってことですね。

水泳

もちろん、他の有酸素運動でも、セロトニンは分泌するのですが、負担が少ないのが水泳です。

水泳は水中で行うことで浮力を利用し、体重がほとんどかからない状態で、負荷を少なくした有酸素運動です

過体重によるけがの心配も少なくなります。歩くだけでもいいですよ。

入浴

敷居が高いと感じるあなたには、自宅の風呂につかることがおすすめです。

全身を温めることには、血管を拡張する効果があります。また全身に適度な圧力がかかる入浴は、筋肉を刺激して血行をよくする効果があるのです

シャワーではなくお風呂に入ることも大切です。さらにそこで簡単なストレッチをするのがおすすめです。

 

まとめ

・イライラの原因は疲労?
・疲労には肉体的疲労と精神的疲労がある。
・疲労を持ち越すと危ない!
・肉体的疲労は対処できる。
・精神的疲労は対処が難しい。
・疲れたときにこそ体を動かせ!

どうだったでしょうか。運動しろと言ってるのでは、ありません。例えば、ウィンドウショッピングでも体も動かすことです。

とにかく、運動に対するイメージを下げることから始めましょう

疲れたときにこそ体を動かすことで、気が晴れますよ。

イライラしたら、体を動かすことで疲労も飛んでいきますよ

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です