運動不足解消に効果的なウォーキング方法公開!グッズも紹介

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

運動不足を日々感じていてもなかなか運動しようと思い立って行動に移すのは大変ですよね。

そんな時、最も身近な運動なのが「歩く」ということ

通勤で、仕事で歩く機会がある方は是非この「歩く」という行為を意識してもらいたいと思います。

ちょっとしたコツを知ることで、ただ歩いていた時間を歩く→ウォーキングに変えられるんです。

僕も通勤や仕事中にも歩くことがよくありましたが、姿勢や歩き方を意識的に変えただけでじんわりと汗ばみ心地よい疲労感を感じてそれだけで体重も減り始めたのです。

あなたも今までの生活を変えることなく運動不足が解消できるかもしれません。

是非こちらの記事をご覧になって、無理なく器具も使わずに今までの歩きを変えることで運動不足解消しちゃいましょう。

 

運動不足にウォーキングが効くわけとは

運動不足解消には有酸素運動が効果的です。

有酸素運動と言えば代表となるのがランニングや水泳ですが、運動不足の人がいきなり走り出せば確実に膝や腰を痛めることになるでしょう。

ランニングの基本書にも大抵の場合、初心者は歩くことから始めようと書かれています。

水泳に至っては、プールを探す、営業時間や利用方法を調べる水着を買うなど様々な障害が立ちはだかっています。

そこでウォーキングならどうでしょう。

動きやすい服装で靴を履いて外に出ればすぐにできる、若しくは普段の通勤時にひとつ前の駅で降りる等のちょっとした工夫をすることでできてしまう。

この気軽さが続けやすさとなって続けることでより効果的な運動と言えるのです。

僕の同僚は運動不足解消にいきなりいつもより1時間早く起きて「ランニング」を始めたのです。

始めてすぐは張り切っていて「早起きして運動したら気持ちいいぞ」と言っていたのですが、その後ひざを痛めたり過度の筋肉疲労であっという間に挫折してしまったようです。

何事も続けなければ効果は得られませんので、そう言った意味でもウォーキングは運動不足を感じている人に向いていると言えるでしょう。

 

効果的な歩き方とは

ウォーキングといっても難しいことはありません。

ただ、だらだらと歩いては意味がありませんのでウォーキングをする意識で歩くことが必要になってきます。

目線は遠くを見るようにして背筋を伸ばして胸を張って少し大股になるくらいの歩幅であるきましよう。

歩幅を少し大きくするだけで足の筋肉にビシビシと刺激が来るのを感じますよ~。

運動不足だと20分も歩くと疲れてしまうでしょう。

1時間も歩けるようになったらランニングに挑戦してもいいかもしれません。

ランニングに挫折した同僚はウォーキングからやり直して、ランニングに移行していってついにはフルマラソンを完走しました。

フルマラソンも「歩く」ことから始まるものなのだとつくづく感心しました。

 

ただ歩けばいいわけではない

ウォーキングを始めたいと思ったら気になるのが、「いつ」「どれくらい」歩くのが効果的なのかと言う事ではないでしょうか。

僕は通勤時に1駅歩くのが一番継続しやすいと思ったので10~20分程度の距離からのスタートとなりましたが、普段通勤に車を利用していたり時間的に通勤時には歩く余裕がないと言う人もいると思います。

10分から始めよう

初めから1時間も2時間も歩くのは大変だしいきなり運動することで逆に体を壊してしまいますのででやめましょう。

まずは10分それで十分です。

運動不足の方が意識して10分歩くだけでもかなりの運動量ですし、きちんと歩いたら心地よい疲労感も感じるでしょう。

続けているうちにだんだんと大量がついて自然ともう少し歩いてみようと思える日が来ますのでそうなった時には10分を20分に伸ばしていけば良いのです。

是非、習慣にするために普段の生活の中で歩いて移動できるタイミングを探してみてください。

通勤時に歩くことが出来ないオフィスワークの人は昼休みにちょっと20分ほど外に出てみたら午前中の疲れも取れて午後からの仕事がはかどりますよ。

歩くと効果的な時間は?

激しい運動をするわけではありませんので、特に気を付ける必要はあまりありませんが、満腹時や極度の空腹時は避けましょう。

食後すぐに一生懸命あるいてしまうと消化不良を起こしかねませんので注意してください。

いつ歩いてもよいと言うのもウォーキングへのハードルが低く続けやすいですよね。

どんな服装で歩くか

他のスポーツと違って今ある靴屋服装で始められるのも気軽に始められるウォーキングの良いところでしょう。

毎日の習慣として続くようであれば、ウォーキング用にシューズを用意しても遅くはありません。

歩きやすいウォーキング用のシューズを履けばより効果的ですしモチベーション維持にも役に立ちますよね。

僕が初めてウォーキングに挑戦した時はキョロキョロして周りから見られていないか気にしていましたが、そう思ってい居るのは自分だけで周りの人はウォーキングをしている人間なんてめずらしくもないんですよね。

 

ウォーキングに使えるグッズ7選

動きやすい服装で、歩きやすい靴で始められるウォーキングですが色々と役立つグッズもたくさんありますのでモチベーションを上げるために役に立ちそうなグッズをまとめてみました。

僕が愛用してるものばかりです。

ウォーキングシューズ

画像元Amazon

初めは家にある歩きやすいスニーカーでも構いませんが毎日距離や時間が長くなるようでしたらウォーキングシューズを履くことでより効果的に体の負担を少なく歩くことが出来ます。

最近は足の型を取ってくれたり体重の乗り方で中敷きをつくってくれたりと本格的なお店もありますので、自分の足にぴったりのシューズを選んでもらえばますます歩くのが楽しくなりますよ。

ペットボトルが入るウエストポーチ

画像元Amazon

歩くだけと言っても長時間歩いたり、夏の暑い日などは頻繁に水分補給が必要となります。

でも、わざわざリュックを背負って歩くのも煩わしいですよね。

そんな時便利なのがペットボトルの入るウエストポーチです。

休日に飲み物とちょっとした小物が入るポケットに小銭を入れてちょっと遠くまでウォーキングしてみるのもいいかもしれません。

Bluetoothスポーツイヤホン

画像元Amazon

街並みを眺めながら、鳥のさえずりを聞きながらウォーキングをするのも気持ちがいいですが

歩いている間暇だなと感じる人は音楽を聴きながら歩くとリズムに乗ってテンポよく歩けばあっという間に1時間くらい平気で歩けます。

僕が最近ハマっているのは歩きながら「オーディオブック」を聴くことです。1時間ほど歩きながら本も読めてしまうのでウォーキングを始めてからは本を読む(聴く)量が増えて運動不足を解消した上で今までよりも知識も得て一石二鳥の充実した時間の使い方が出来ています。

ウェアラブルウォッチ

画像元Amazon

気軽さや難易度の低さだけではなかなか続けて行くのは飽きてしまいがちですが、そんな時にはウェアラブルウォッチがおススメです。

歩きながら着信を知らせてくれるだけでなく、今は心拍や消費カロリー血圧まで計ってくれる腕時計がでています。

スマホと連動して、歩いた距離や消費カロリーを日々積み重ねている実感を持てればより楽しく毎日のウォーキングを続けることが出来ます。

アームカバー

画像元Amazon

健康になりたくても日焼けはしたくない、若しくは夏の日差しの中上着を着ると暑くて耐えられないけど日傘を差しながらのウォーキングはちょっと無理。

そんな時に役立つのがこのアームカバーです。

僕は焼けると赤くなって痛くなるので外で運動するときはアームカバーは必須です。

汗をかいても乾きやすくて、通気性の良いスポーツタイプのものもたくさん販売されていますので毎日気分に合わせお気に入りのアームカバーを選ぶとテンション上がりますね。

日焼け止め

画像元Amazon

健康のためのウォーキングですが、外に出て紫外線を浴びすぎてはあまり良くなので晴れた日に長時間歩くときには是非日焼け止めを塗って下さい。

PFは50以降であれば数字はそんなに気にすることはありません、それよりは汗をかいてどんどん落ちてしまいますのでウォータープルーフの対応のものを選んでください。

可能あれば2時間おきに塗りなおすと完璧です。

スポーツソックス

画像元Amazon

シューズを気にする人は多いと思いますが、意外に気にされていないのが靴下です。

普通のソックスでももちろん悪いわけではないのですが、ランニングやウォーキング向けのスポーツソックスを履くと全然違うんです。

踏み出していくときの靴の中での遊びが少なくなったり、滑り止めが付いているものであれば楽に蹴り出すことが出来るので怪我のリスクも減りますし疲労も減って楽に早く進むことができちゃうんです。

少し高いかもしれませんが、高いだけの価値はありますので継続してウォーキングやランニングをする人は是非靴下を見直してみてください。

まとめ

  • 運動不足にはウォーキングが効果的
  • 歩くときは胸を張っていつもより大股で
  • まずは10分歩いてみよう
  • 満腹や空腹を避けて歩きましょう
  • 服装は動きやすい服で歩きやすい靴で始めればOK
  • 便利なグッズも色々使って楽しく続けよう

最初は歩くのも大変だと感じるかもしれませんが、無理せず出来る範囲で胸を張って歩いてみてください。

運動不足に筋トレなどを取り入れるもの良いのですが、まずは普段の歩き方から見直してみると無理なく確実に運動不足を解消できますので

是非明日から胸を張って大股で歩いてみましょう。

 

 

 

 

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です