あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

知人
A君先日の健康診断どうだった?僕が見る限りでは立派な身体みたいだけど(笑)
おデブ知人A
あぁ~先日の健康診断ね…

俺 運動不足って言われたんだけどあまり気にしていないんだけど…結構飲み会なんかでもいじられるし(笑)

これって放っておいたらどうにかなるの?光~

A君 運動不足を甘く見てはいけないよ。

今や運動不足は日本だけにとどまらず世界でもちょっとした社会問題になっているんだ

世界保健機関 (World Health Organization: WHO) の調査によると今や世界の14億人が運動不足になっているんだよ。

運動不足が原因での生活習慣病(心血管疾患、2型糖尿病、がん)や認知症などの危険性も高い事を発表しているんだ。

日本でも3人に1人は運動不足になっているんだ。

そういう状況の中、世界保健機関 (World Health Organization: WHO) は2025年までに運動不足を10%減少させる目標を掲げて「運動推進グローバル行動計画 2018-2030」と言う計画を立ち上げたんだ。

しかし日本を含む世界の3分の2の国が国民の運動不足を解消するための政策や行動計画を立ち上げている事は報告したんだけど実際に出来ている国はまだ少ないのが現実のなんだ。

僕もここまで運動不足について世界で考えている事を知って筋トレをやっている側としては少し感激したよ(笑)

この記事ではそんな運動不足からくる病気や死亡リスクそれを改善する方法などを書いてみました。

【世界保健機関 (World Health Organization: WHO) とは】

世界保健機関 (World Health Organization: WHO) は、「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的として設立された国連の専門機関です。1948年4月7日の設立以来全世界の人々の健康を守るため、広範な活動を行っています。現在の加盟国は194カ国であり、我が国は、1951年5月に加盟しました。

我が国はWHO加盟国として、WHO総会や我が国が所属するWHO西太平洋地域の各種会合に積極的に参加し、我が国の保健医療分野の対策に資するべく国際的な情報を入手すると共に、世界の保健課題への貢献も行っています 。~ 厚生労働省ホームページより引用 ~

 

運動不足とは

おデブ知人A
へぇ~運動不足が良くない事はわかったけどさ~

そもそも運動不足って何?

そうだよね…急に運動不足と言われてもわからないよね(笑)

そもそも運動不足とは年齢に応じた運動量をこなしていない事を「運・動・不・足」って言うんだ。

もう少し詳しく言うと一般的に運動量が足りなくなると普段の生活の中だけでも筋肉が萎縮したり柔軟性が無くなったりする症状が現れたりするんだ。

他にも消費されるはずの脂肪が消費されずに身体に残って肥満になったり内臓脂肪がたまり別の生活習慣病などの2次被害などを引き起こすのも運動不足の症状なんだ。

運動不足はメンタル面でもうつ病などの心の病にもなる恐れがあるからこれも精神的なものだから怖いよね。

僕の周りにも運動不足の人は時々いるけど痛みなどの自覚症状がない分今の生活を改善してまで予防に力を入れようという人も少ないのが現実なんだよ。

 

運動不足からくる身体への影響

おデブ知人A
そうか~運動不足事態というよりもそこから発生する生活習慣病などの2次被害の方が怖いんだね(怖)
そうだよ生活習慣病などの病気も怖いけど他の生活にも色んな影響が出てくるんだよ。

そんな運動不足なんだけどそのままの状態で放っておくと筋肉も衰えて体力や全身の持久力が低下して身体活動量が減少していくんだ。

身体活動量の低下は更に体力や全身の持久力が低下・筋肉の衰えや筋肉の持久力の低下を招くんだ。

筋肉が衰え筋力が低下すると歩くなどの移動能力も低下して日常の家事や仕事・外出や趣味などの普段の日常生活の質も低下してしまいます。

そのような悪い循環は生活習慣病のような病気(耐糖能異常、脂質異常、高血圧、肥満)のリスクを増大させて、最後には心筋梗塞や脳卒中などの命に係わる疾患にかかりやすく死亡リスクも増大させしまうんだ。

僕の先輩も運動不足が原因で高血圧になって今は治療薬を飲んで血圧を正常に戻しているそうなんだけど個人的な意見から言うと経済的にも負担がかかるし、

生活習慣病になる前に定期的な健康診断は気がける事を大切だと思ったよ。

 

運動不足によるデメリットを厚生労働省が発表

おデブ知人A
とにかく運動不足は将来的によくない症状だと言う事はわかったよ、でも改善するにはどうすればいいの光~
とにかく運動不足は運動することが一番の改善策だけど運動する前に…ちょっとこれを見て…

先日僕がネットで調べた厚生労働省の運動不足に関係するデーターだよ。

おデブ知人A
あっ!ありがとう…って何でこんなの光が持っているの?
A君、僕を誰だと思っているの…筋トレマニュアの光だよ(笑)これ位は調べておかないとね(笑)
普段の生活習慣からの蓄積で起こる運動不足この運動不足の最大のデメリットはやはり長生きできない可能性を増大させると言う事でしょう。

平成25年の厚生労働副大臣の会見では日本では運動不足による死亡数は喫煙や高血圧に次いで第3位が運動不足でその数は年間約5万人であると言う事が発表されています。

 健康長寿ネットグラフ引用

 

運動不足が影響する死亡率55%は生活習慣病

厚生労働省が出している平成26年人口動態統計によると運動不足が原因とみられる生活習慣病で悪性新生物・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧疾患などの死亡率は全体の約55%以上をしめていています。

人口動態統計とは

人口動態統計(じんこうどうたいとうけい)は、一年を通して厚生労働省が集計・公表を行う出生・死亡・死産・婚姻・離婚の集計である。

日本の人口動態事象を把握し、人口及び厚生労働行政施策の基礎資料を得ることを目的とする(ウィキペディアより引用)

死亡数で言うと1位が悪性新生物で約37万人、2位心疾患で約20万人、3位脳血管疾患で約11万人と全ての病気で10万人を超えています

5つの健康習慣(運動、禁煙、節酒、減塩、適正体重)を実践している数が多いほど悪性新生物などの発症リスクが低い事が分かっています。

ここでも運動不足が悪性新生物などの死亡率を高くする要因にもなってるようです。

僕たち40代世代では2人に一人が悪性新生物になると言われている現代ではとても他人事とは思えないですね。

厚生労働省、平成26年人口動態統計引用

 

運動不足の解決には運動が一番

おデブ知人A
やっぱりこういうデーターなんか見せられたら運動不足って怖いよね…よし!今日から俺も運動して運動不足の改善をするよ光~
運動不足に年齢は関係ないんだよA君…僕たちみたいな40代からでも改善できるから今からでも十分大丈夫だよ。

やはり運動不足を改善するには普段からの生活習慣の改善と普段に運動するのが一番だと思います。

僕も40を過ぎてい筋トレを始めたのですが70㎏あった体重は現在50㎏にまで戻りました。

運動を始める前は代謝が悪くお腹ポッコリだった体型も現在では細マッチョのスッキリ体型になって彼女も出来ました(笑)

営業マンという職業柄、外見が重視されているのかわかりませんが体重が50㎏になってからは順調に営業成績も伸びて現在では上司からも一目置かれるようになっています(笑)

なぜ運動しなければいけないのか

本来、人間はほかの動物と同じように「動く仕組み」が身体の中に生まれつき備わっています。

しかし現在の便利すぎる世の中では運動する事が少なくなり多くに人が運動不足を感じていていいるのが現状です。

人間は本来運動する事で心や身体のバランスが整うようにできているのですが運動をしない事で心と身体のバランスが崩れ生活習慣病や心の病を引き起こしてしまいます。

そんな人間が運動をしなければいけない理由は2つあります。

1.病気(生活習慣病)の予防

本来の身体に良い状態では食べ物から摂取するエネルギーと運動で消費するエネルギーがバランスよく保たれている状態が健康の為には良い状態です。

しかし食べる量が多く運動をしない状態であれば摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り使われなかったエネルギーは身体の中に脂肪として蓄えられていきます。

その状態を続けていくと脂肪が必要以上に身体に蓄積される形になって肥満と言う形で内臓の脂肪となりお腹ポッコリ体型になって外見から見てもわかるような運動不足体型になります。

その状態が続くと運動不足が原因の糖尿病や高血圧・脂質異常症といった生活習慣病になるリスクが高くなります。

2.筋力(筋肉)や身体の機能維持

体調を崩して寝込んだりしたことはありませんか?寝込んだ後、普段の生活に戻ってでも疲れやすかったり普通に動けないなどの筋力や持久力の衰えを感じた事があるかと思います。

人間は持っている機能を使わないと驚くほど速いスピードでその機能は低下していきます。

僕の友達も体調不良で入院した事があったのですが2週間寝たきりの状態から初めてベットからリハビリ室まで歩くときは歩けなかったそうです。

一言に「歩く」と言ってでも歩くときには大腿四頭筋(大腿直筋・広筋)、大腿二頭筋、前頸骨筋、下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋など)といった多くの脚の筋肉を使って、1歩、また1歩と歩きます。

更にその運動をするにはお尻や腰・背中や腕などの筋肉も動かすので全身の筋肉を使ってはじめて「歩く」と行くことが出来るのです。

さらに歩くことを持続させるには心肺機能も必要となります。

現在のような「歩く」という事が少なくなった時代では必要が無くなったと勘違いした筋肉は驚くほど速いスピードで減少しそれに伴いバランス機能・心肺機能なども低下していきます。

こうなってしまうと歩くスピードが落ちたり、座ってから立つときなど脚がフラついたりなどついバランスが保て無いという事態になり転倒・骨折と言う事故を引き起こす恐れもあります。

近年では若いうちからのロコモティブシンドローム(運動器症候群)等も問題になっています。

若いうちからの歩く習慣が高齢まで病気にならない薬の一つにもなりそうですね。

僕も筋トレを始めてから身体の健康を感じるのもですが精神的にも前より増してポジティブ思考になってきてそうなると目の前の事はすべてプラスに考えるようになって毎日が楽しいです。

やはり身体を動かす事が人間の本来の姿みたいですよ~(笑)

 

運動をする事によっての効果

運動することによって得られる効果っていったいどんな効果があるのでしょうか?「身体が軽くなった」・「肩こりが無くなった」・「明るくなった」など個人で感じる効果も様々のようです。

そんな運動効果ですがここでは僕なりに運動する事で得られた効果をまとめてみました~。

1.運動する事で感じる身体の効果

・加齢とともに進む生活機能低下(ロコモティブシンドローム)の予防

・健康的な体型や筋肉の維持

・体力・筋力・持久力の維持および向上

・心肺機能の向上により疲れにくくなる

・血行促進により肩こり、冷え性の改善

・腰や膝の痛みの軽減・改善

・抵抗力を高める(風邪予防)

・肥満、高血圧や糖尿病などの生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防

2.精神的な効果

・気持ちが前向きになる

・人との会話が楽しくなる

・気分転換やストレス解消

・僕が調べた限りでは認知症の低減

・僕が調べた限りでは不定愁訴の低減

僕は筋トレ以外にも毎日朝のウォーキングをしているのですが歩いた後の爽快感がたまらなくて毎日の習慣になって続けています。

習慣が始まって初めての健康診断ではすべての数値が正常に戻っていたことに驚いた事を思い出します(笑)

 

運動量は簡単に考えて良い

おデブ知人A
ホントにこんな簡単な運動で運動不足が解消できるの?光~
A君、大丈夫…まずはストレスをためない程度で運動を好きになる事から始めてみてよ…

個人差はあると思うけどやっているうちに自分でもわかってくるよ(笑)

運動不足を解消する運動には1日30分から1時間で週2.3回のゆっくりとした有酸素運動などがおすすめのようです。

しかし運動を長く継続して習慣にする為にはアイディアも必要です。

例えばただ歩くだけではなく同じ距離でも時間を決めて歩くとか卓球などで軽くラリーすると言うのも丁度いい運動量でしょう。

運動への気持ちが先走るのもわかりますが運動をする前には十分なウォーミングアップと運動後のクールダウンにもそれと十分な水分補給も忘れないようにして下さい。

運動不足からの運動は最初から無理をせずに少しずつ運動量を増やしていく事が大切です。

ウォーキングでは1日10000歩が理想ですが最初50歩からでも構いませんので無理をせずに少しずつ距離を伸ばしましょう。

アプリや万歩計で普段から意識して歩数を測るのもいいでしょう。

僕の知人は万歩計で毎日の歩数を記録して勝手に自分にノルマを課せて毎日仕事をしている人もいます。

しかし知人は僕から見ても万歩計で楽しんでいるように見えているのでやはり基本は「自分に合った方法を楽しむ」事を考えたほうが長続きしそうです(笑)

持病やどうしても運動の方法で悩む人は医師などの相談もおすすめします。

歩数を考えずに「10分多く身体を動かす」

僕たち成人の男女が普段に歩く歩数を考えた事がありますか?

厚生労働省は2018年9月11日、平成29年分の「国民健康・栄養調査結果の概要」を発表によりますと成人の一日あたりの平均歩数は男性で6846歩・女性で5867歩だそうです。

しかしこの歩数はこれから運動不足を改善しようと思う人から見たらどうでしょう。

多分目が点になって最初からやる気が起きない・出来ないと思う人が多いと思います。

そこで厚生労働省からは「今より10分多くからだを動かしましょう」という指針が出されました。

この10分多く体を動かすは10000歩歩くと言う事と同じぐらいの運動量に相当します。

今までの移動手段の車や電車・エレベーターなど10分余裕を見て歩くなどの工夫をすればそれだけでも10000歩にはなると思います。

しかしまずは無理をしないで運動を楽しむことを考えましょう。

週2回 30分の運動

また週に2回の運動をすると提唱されていますが自分に合ったスポーツでウォーキングや水泳・ランニング・サイクリング・仲間とやるサッカーや野球・テニスなど何でも構いません自分がやっていて楽しいスポーツを習慣づける事をおすすめします。

僕の場合筋トレをやっていますがまずはやってみて楽しかったのでそのまま習慣づいています。

 

まとめ

  • 運動不足は世界的な社会問題
  • 日本でも3人に1人は運動不足
  • 運動不足とは年齢に応じた運動量をこなしていない事を言う
  • 運動不足で筋肉は衰える
  • 運動不足で体力や全身の持久力が低下する
  • 運動不足で身体活動量が減少していきます
  • 運動不足での死亡率は喫煙や高血圧に次いで第3位
  • 運動不足の解決には運動が一番
  • 運動は病気(生活習慣病)の予防
  • 運動は筋力(筋肉)や身体の機能維持
  • 運動は身体にも精神的にもどちらも改善できる

運動不足は病気を増やすだけでなく寿命にも関係している事がお分かり頂けましたか。

特にトレーニングするとか食事を制限すると言う重い気持ちではなく普段の生活を改善するだけで治る運動不足は自覚症状などがない分発見されにくいと言われています。

僕の場合は朝のウォーキングのおかげでここ数年健康診断で一般の数値を超えた事はありません。

定期的な健康診断を受ける事も必要ですが今日からでも「歩く!」を実践してみてはいかがでしょうか。

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です