運動不足が招く怖い病気とは!運動は自律神経にも影響する!?

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

やる気が出ない、何をしても楽しくない

そんな辛い毎日を過ごしていません

運動不足による体への影響もたくさんありますが、実は運動は自律神経にも大きく影響することがわかっています。

僕の後輩で、仕事に足してまじめに取り組んでいたのに急にだるそうになり精神的にも落ち込んだりして

休みがちになった時期があったのですが、実は自律神経が上手く働かなくて朝起きられなくなったりやる気がなくなっていたのです。

幸い彼は自分を客観視して、運動など色々な方法を取り入れて今では元気に出社してきています。

もしかしたら、今だるさややる気のなさを感じているあなたも、もしかしたら自律神経が原因かもしれません。

是非ここで紹介する解決法を試してみてください。

 

自律神経とは

自律神経って、本当に「神経」として存在しているとご存知ですか?

恥ずかしながら僕は精神的なものだと思い込んでいたんです。

交感神経は脊髄の外側から出て、おなか側に回り、脊髄の両わきにある交感神経幹に入ります。

その後、各臓器など全身に分布し、情報を伝えるのです。とても大切な神経です。

自律神経の役割

自律神経は一言でいうと、内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整える神経です。

自律神経は、すべての内臓、全身の血管や分泌腺を支配しています。

運動神経とは違って、自分の意思とは関係なく働いているので、内臓や血管をたちの意思で自由に動かす事は出来ません。

脂もの食べ過ぎたからちょっと消化液多くしておこうかなとか、栄養足りないから腸の働きを活発にして多めに栄養を吸収しようなど自由に動かすことはできませんよね。

反対に、普段から意識しなくても呼吸をしたり、食べたものを消化するため胃を動かしたり、体温を維持するため汗をかいたりするのは、自律神経があるからなんですね。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。この二つは、一つの器官に対して互いに相反する働きをしています。

  交感神経 副交感神経
瞳孔 開く 縮む
涙腺 分泌が減る 涙が増える
唾液腺 唾液が減る 唾液が増える
胃腸の分泌腺 分泌が減る 分泌が増える
胃腸の運動 動きが減る(便秘) 良く動く
気管の平滑筋 緩んで気管内が広がる 気管内が狭くなる
心拍数 増える 減る
心筋の収縮 大きく収縮 弱い動き
脳・神経 興奮状態 眠くなる

簡単にいうと動いている時は「交感神経」休む時が「副交感神経」です。

後輩からも教えてもらったのですが僕はなかなか覚えられず何度も聞きなおしてようやく理解できました。

普段意識しない神経の話されても、ピンと来ないですよね。

 

自律神経はなぜ乱れる?

自律神経は、からだを最適な状態に保つために働く神経です。

その神経が乱れると自律神経失調症と言い文字どおり自律神経がバランスを崩してしまった状態です。  

では、なぜバランスが崩れてしまうのか

実は症状が一人一人違うように、原因も一人一人違うのです。

また、自律神経が乱れるようになってしまうのは、いくつかの要因が重なって起こる場合がほとんどと言って過言ではないでしょう。

僕も度々夜中までゲームに耽って寝不足で仕事に行くことがありますが、特に自律神経による不調と感じたことはありませんので

同じ要因でなる人もいればならない人もいて、とても複雑な仕組みなんですよね。

生活のリズムの乱れ

 夜更かし、夜型生活、夜勤や、幼少時代からの頃からの不規則な生活習慣など

元々の人間の自然な生活リズムを無視した社会環境やライフスタイルが自律神経失調症を引き起こる要因となります。

過度なストレス

 仕事などの社会的ストレス、人間関係、精神的ストレス、環境の変化など、過剰なストレスが蓄積すると自律神経失調症になりやすいようです。

やはりストレスは万病の素と言うだけあって自律神経にも良くないのですね。

ストレス社会において如何にストレス発散するかは健康にとってとても重要となります。

ストレスに弱い体質

 子供の頃からすぐ吐いたり、お腹を下しやすかったり、自家中毒を起こしやす、環境がかわると眠れないなど、生まれつき自律神経が過敏な人もいます。

また思春期や更年期、身体が弱っているときは自律神経のバランスが乱れやすくなります。

僕の後輩はまさにこれです。小中学生時代には心配事があってはめまいがしたり、吐いてしまったりしていたようです。

大人になって体が大きくなってからはあまり吐いたりはしていなかったようですが、緊張で真っ白な顔をしているのは何度が見かけていました。

環境の変化

 現代の生活は適応能力が衰えやすく、社会環境の変化、人間関係や仕事などの環境の変化などへの不適応や過剰適応から自律神経失調症になる場合もあります。

おとなでも子供でも環境が変わるのはストレスでもあるし、そのことがきっかけで体調を崩すと言うの話は一般的に耳にしますが、おそらく自律神経も関係しているのでしょうね。

女性ホルモンの影響

 女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化しつづけ、この変化が自律神経の働きに影響を与えます。

また、妊娠出産などホルモンバランスが大きく変化するときには必要以上にイライラするなど自律神経が上手く働いていないことも考えられます。

僕の母も今ではふてぶてしく当たり前のように僕の母親やってますが、出産直後はイライラ不眠動悸めまいなどの症状に悩んでいたようです。

体を張って生んで育てる、女のひとってホント偉大です。心から尊敬します。

 

自律神経の乱れによる諸症状

自律神経が乱れると、不安や緊張感が高まり、吐き気や多汗、全身のだるさ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠など、さまざまな症状が見られる病気です。

これらの症状は人によって全く異なります。

自律神経が乱れると、胃や腸などの内臓にも症状が現れることもあります。

胃酸が必要以上に分泌されたり、胃の痛みや胸やけを感じる「神経性胃炎」

腸のぜん動運動に異常が生じて腹痛を伴う下痢や便秘が起こる「過敏性腸症候群」

などの症状が自律神経による内臓の不調です。

また、突然浅く速い呼吸を繰り返す「過呼吸症候群」など息苦しい症状や、めまいや手足のしびれなどの症状が現れることもあります。

僕の後輩は全身のだるさ不眠などが主な症状だったようですが、ストレスが多くなるとよくお腹を壊していたので「過敏性腸症候群」もあったのではないかと思っています。

 

自律神経を整える

自律神経が一度乱れてしまっても生活リズムや運動で整えることもできます。

僕の後輩も、仕事のストレスを抱えながら不規則な生活をきちんと戻すことで辛い症状から解放されたと言います。

病気になってしまう前に以下の点に注意しながら生活を立て直してみましょう。

朝起きたら日光を浴びる

朝起きたら、すぐにカーテンを開けて太陽の光を浴びる習慣をつけましょう。

目から光の刺激を入れることで、体内では「セロトニン」が活性化されます。

セロトニンには、自律神経を整える働きがあるのです。

また、陽射しをたっぷり浴びることで体内時計がリセットされ、体に活動と休息のリズムも生まれます。

そのため、夜もきちんと眠くなりますので不眠などの症状にも効果的です。

軽い運動

適度な運動はストレス解消に効果的です。

体を動かすことで体中に血液が巡り、セロトニンをはじめとした神経伝達物質が活性化し、爽快な気分になれるのです。

急にハードな運動をすると逆に心身に負荷を与えてしまいますので、まずは散歩やウォーキング、ヨガなど、無理のない範囲で体を動がしましょう。

毎日お風呂に浸かる

お風呂が自律神経と関係があると思いもよらないかもしれませんが、夜にゆっくりとお風呂に浸かることで体にも心にも良い効果を得られるのです。

入浴時の36~40℃程度のぬるめのお湯に浸かることがポイントとなります。

ぬるめのお湯につかることでで副交感神経が優位になり、心身がリラックスした状態になって質の良い睡眠にもつながります。

僕みたいに43℃以上のあつーいお風呂に入ってしまうと逆に交感神経が優位になってリラックス効果を得られにくいので注意しましょう。

良質な睡眠

良質な睡眠をとることは、体の健康の為だけでなく、自律神経のバランスを整えるにあたって重要です。

副交感神経が働く睡眠時は、心身の疲れを解消し、細胞の修復も行われる大切な時間。

就寝前はリラックスした状態で、部屋の照明は全て消した方が効果的です。

おススメ本

睡眠の大切さは自律神経のためだけじゃないんです。

この一冊は読んで損はしません!

スタンフォード式最高の睡眠 Amazon ¥1620

胸式呼吸

あまり普段から呼吸を意識する事はないかもしれませんが、呼吸と自律神経とは深いつながりがあるのです。

「胸式呼吸」とは普段私たちが行っている呼吸法で交感神経を活性化させる呼吸法です。

基本的に息を短めに吸って吐く方法ですが、これは長く続けていると血のめぐりが悪くなってしまうこともあるので

次に紹介する腹式呼吸を意識的に取り入れていくことがポイントとなります。

腹式呼吸

腹式呼吸は、おなかが膨らむイメージで鼻から息を吸い、吐くときにはおなかをへこませる、という呼吸法です。

胸式呼吸とは違いゆっくりとした呼吸法となりますので、副交感神経が活性化して心身がリラックスした状態に持っていきやすくなります。

浅くなりがちな呼吸を落ち着けるためにも、一日何度か時間を見つけて積極的に腹式呼吸を取り入れてみましょう。

ストレッチ

ストレッチは2つのタイプがあります。

ひとつは、ラジオ体操のように体を動かしながら行う方法。近年注目されている「動的ストレッチ」

そしてもうひとつは、筋肉を伸ばしたところで動きを止める、静かにゆっくりと行う「静的ストレッチ」です。

副交感神経を活性化させる目的であれば後者の静的ストレッチが効果的です。

ストレッチのポイント①

自律神経を整えるためのストレッチは、ゆっくりと時間をかけて

伸ばした筋肉が「痛気持ちいい」ところまで伸ばし、そのまま動きを止め

20秒から30秒ほどかけて伸ばし、2~3回を目安にゆっくりと行うことで、効果を感じられます。

ストレッチのポイント②

ストレッチで特に首・太もも・背中を重点的に伸ばす。

いずれの部分も床に座った状態で、呼吸を続けながら、右も左も伸ばします。

筋トレ

筋トレと聞くと、道具を用意したり、ジムでトレーナーについて本格的に行うというイメージがあるかもしれません。

しかしここのサイトでもたくさん紹介しているように、スクワットや腕立て伏せなど、自宅で気軽に行える筋トレはたくさんあります。

無理のない範囲で気楽に続けましょう。

 

まとめ

  • 自律神経は自分の意思とは関係なく働いている
  • 自律神経が乱れる原因は人それぞれ
  • 律神経が乱れると吐き気や多汗、全身のだるさなど様々な症状がでる
  • 自律神経は規則正しい生活や運動で整えることが出来る

普段は意識されることのない自律神経ですが、僕たちの心と体の健康にとってとても深いかかわりのある大切な神経なんです。

自分なりに生活や運動で整えることもありますが、症状がひどい時には専門医に診てもらうことをおススメします。

ひどくなる前に出来るところから生活改善を行い、自律神経を労わってあげましょう~。

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です