運動不足が身体に及ぼす影響力チェック!今から出来る改善法

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

あなたは運動不足のではありませんか?

僕は筋トレに出会うまで、知らない間に運動不足になっていました。

その残骸が過去に残した70㎏の体重です。(現在は50㎏に戻っています・笑)

人の体力は20代をピークに低迷していくと言われています。

実はこんな僕も30代までは余り体力の低下を感じていませんでした。

しかし実際40代になると「疲れやすい」「体が硬くなった」「前の日のお酒が残る」等、体の変化を感じるようになりました。

その原因を僕なりに調べてみたんですが年齢的なものに加えての運動不足からくる心臓の弱りが原因の1つだそうです。

人は身体を動かす事で筋肉や骨などの運動器系(筋肉や骨)が動きそれに伴って器官系(消化器・循環器・神経など)が連動して動き始めます。

これによって心肺機能が活発になり健康な身体になるわけです。

しかし…ここからが問題なんです!

運動不足になるとこれら一連のの動きがにぶくなり、心肺機能も低下して身体のすみづみにまで酸素を含んだ血液が行き届かない状態なります。

その結果老化現象が早まったり健康に問題が出てきたりします。

40代になる急にお腹ポッコリになったり顔は2重顎になって何か別人みたいと誰もが同じ事で悩んでいませんか?

その原因ははっきり言って「運動不足と加齢による基礎代謝の低下」です。

このサイトではそんな年齢と共に必ずやってくる「運動不足」「基礎代謝の低下」を最低限の身近で改善出来る方法を紹介いたします。

 

そもそも運動とは?

そもそも運動とは何なのでしょうか?答えは「身体を動かす事=運動」です。

僕の運動は筋トレに重きを置いていますが仕事や私生活など日常生活でのちょっとした工夫を運動に取り入れている人も多いですようです。

僕の職場の仲間は仕事の出先でのエレベータ利用を階段の登り下りに変えたり、ちょっとした車移動を万歩計をつけて目標5000歩!という人も多いです。

青山ハーッピー研究所の年代別の調査によると週1回以上の運動を習慣にしている人は60代のシニア層が50%に対して僕たち働き盛りの30代~40代は30%台とやや低調気味です。

この数字からもわかるように運動不足を感じながらも「仕事が忙しくて時間がない」「疲れがたまり運動ができない」という悩みを抱えている人も少なくないようです。

 

本当の身体の仕組み

そもそも人は原始時代からほかの生き物と同じ動物であり生まれ持って「身体を動かす仕組み」が備わっています。

原始時代の私たち人は狩りや農作業をしながら生計を立てていてその時代は「仕事=運動」が普通の生活スタイルでした。

しかし現代社会では移動には歩くより車や電車、季節を感じる温度差にはそれを感じさせない冷暖房の温度調整など毎日の習慣化が身体の仕組みを低下させているのが現状です。

仕事の面でも昔のような「仕事=運動」のスタイルはほとんどなく職種によってはむしろ反比例する仕事の方が多いかも知れません。

多くの人は運動をした方が良いと思いながらも現代の負のスパイラルに甘えて運動不足を感じている人が多いのが今の現状のようです。

ここまでわかっていても抜け出せないのが現代システムの負のスパイラルです。

しかし、もともと身体を動かす仕組みが備わっている人間がもし負のスパイラルにかまけて運動不足の生活をし続けたらどうなるでしょうか。

 

運動不足が引き起こす身体の影響

ついた脂肪がなかなか取れない!

僕は筋トレと出会う前は何時も油断して運動不足の挑発に促されていました(笑)

①美味しいものを食べる!

②代謝低下で脂質として体に栄養が残る

③すぐ身になる!

⑤体重計にはっきりその数字が写る(70㎏)! 

⑥ただ後悔するばかり!の負のスパイラル

身体の異変だけではなく平成25年の厚生労働副大臣の発表では、日本では運動不足による死亡者数は、喫煙、高血圧に次ぐ第3位でその数は年間約5万人だそうです。

ここではそんな運動不足が原因と思われる体の変化や病気などをまとめてみました。

ここで紹介する運動不足のサインが出たら速やかに僕みたいな筋トレ運動等、身体への安全対策をおすすめします!

1・肥満の原因を作る

僕が40代に入って思った事は運動不足にとって格好の条件の一つは油断です(怖)!

体脂肪の燃焼には運動してカロリーを消費させなければなりません。

運動不足で体内に脂肪を貯め込むと身体の代謝を低下させて血行不良を引き起こします。

年齢を重ねるごとに基礎代謝は徐々に低下して行くんですが20代のころのような食事をしていると代謝低下した体がエネルギーが燃焼しきれず体内にエネルギーを脂肪として残します。

そうすると40代ぐらいにはお腹ポッコリ体型と言うのがみなさんご存知の「中年太り」です。

このような自分の未来を避けるためにも普段からの運動する習慣を身につけておきたいですね。

2.生活習慣病になりやすい

長年の生活習慣によって引き起こされる生活習慣病は、食事や運動不足、ストレスや喫煙、飲酒など様々な生活習慣の積み重ねから招かれる病気だと明らかになっています。

最近僕たち位の年代でちょくちょく見られる様になった病気、高血圧・動脈硬化・糖尿病・脳卒中・心筋梗塞など、さまざまな病気の一番の原因はやはり毎日の忙しさを理由にやらない運動不足です。

運動不足になると血液の流れが悪くなって体内の老廃物が溜まり疲れを感じさせるダルさやストレスを感じやすくします。

この状態が長く続くことで生活習慣病のリスクを高くしているんです。

3.仕事の効率が悪くなる

僕の仕事は営業マンですがお客様と会話する以外は車での移動や徒歩の時間もあり体を動かす事が出来ますのでそこでストレス発散などを調整しています。

しかしあまり身体を動かさない状態が続くデスクワークや立ち仕事などでは筋肉が固まってしまいやはり血行が悪くなってしまいます。

また周りとのコミュニケーションの中での仕事では緊張感からもストレスがどんどん溜まり放っておくと仕事の効率は下がります。

例えば、あまり動かない状態の仕事の人であれば定期的に休憩の時間を作るとか休日は必ず家から外に出てリフレッシュするなどの方法を取れば仕事と休暇のメリハリがついて運動不足の改善にもなるかもしれません。

うつ病やその他の精神疾患のリスクが高くなる

運動不足は体の免疫力や血行を悪くするだけではなく精神的な病への影響も及ぼします。

運動が不足すると脳内の自律神経の動きをおさえてしまい体のホルモンバランスなどの大きな乱れから気持ちが不安定になる事がおおくなります。

治療法としては身体を動かす運動を取れ入れ精神面でもいい汗をかいて人とのコミュニケーションも取り入れた治療法が最適と言えます。

運動は心の健康にも不可欠と言える時間です。

 

【運動不足を解消するには】

僕の調べた限りでは運動不足は百害あって一利なし!身体に良い事は一つもありませんでした。

しかし今の現代社会では生活の多様化やさまざまな理由で運動不足になる人も多いのが現実です。

時間がない! 運動が嫌い! どうやって運動をするかが分からない!

などの理由からも運動不足を解消する方法は変わってきます。

ここでは普段の生活の中でどうやって運動不足を解消するのかその方法をまとめてみました。

百害あって一利なしとは
百害あって一利なしとは、弊害をたくさん生むばかりで、良いことは一つもないこと。

忙しくて時間がない人の運動

「忙しくて時間がないか~さ~」こんなフレーズ聞いた事がある人も多いと思いますが、やはり運動が出来ない理由の中でダントツで一番なのが忙しくて時間がないと言う人です。

確かに仕事中心の生活をしていると家に帰って寝るだけで運動する時間なんてないよ!になりますよね。

僕もその気持ち痛ぁ~いほどよくわかります。

実際僕も営業の仕事をしているので仕事以外の付き合いなども考えると自分の時間なんてほんのちょっと寝る前の時間帯ぐらいです。

じゃあ運動するにはどうすればいいのでしょうか?

それは今の生活習慣にポイントを合わせた運動を事がポイントなんです(笑)

① 移動時間を大事にする

例えば職場までの通勤で電車移動の時間を椅子に座らずにつま先で立つ、吊革を左右交互に持てば下半身と二の腕の筋トレにもなります。

車での移動の場合は安全運転のため車が停止している時だけ運動しています。

シートにお尻を深く入れて背筋を伸ばしながら座る腹筋・背筋の運動や足のつま先を内側にして太ももに力を入れての下半身の運動など自分で意識した運動をしています。

  • 電車通勤の時間は電車通勤では吊革をもってつま先で立つ、ふくらはぎと二の腕の運動
  • 車での移動の時間はシートにお尻を深く入れて背筋を伸ばしながら座る、腹筋と背筋の運動
  • 足のつま先を内側にして太ももに力を入れて抜く・入れて抜くを繰り返す下半身の運動
注意
(車での運動は安全を確保できる場合だけにして下さい。)

② 仕事の時間にこっそり運動する

長時間のパソコンとのにらめっこが中心となるデスクワークの仕事は同じ体制を長時間強いられるので特に運動不足になりやすい仕事です。

そんなデスクワークの仕事では椅子の背もられによりかかった状態での膝を胸に違づける腹筋運動や休憩時間を利用して机に両手をついて足を延ばしての腕立て運動をしています。

さらに時間がある時はそのまま両肘をついて足をまっすぐ伸ばしてキープ状態にすればおしりの筋肉を鍛える下半身の運動にもなります。

  • デスクワークの場合、椅子の背もたれによりかかった状態で、膝を胸に近づけ足を上げていく腹筋運動
  • 休憩時間を利用してデスクに両手をついて足を延ばして腕立て伏せ運動
  • 今度はその状態で肘を置き足をまっすぐに伸ばした状態をキープすれば、太ももの筋肉を鍛える下半身運動

③ 家の時間を楽しむ

僕の場合は独身なんで家でも家事などすべて自分でやっているので運動を意識して家事をやると時間を有効に使っているって感じでなるまでの時間があっという間です(笑)。

例えば窓ふき美場合は中腰になり腕を雑巾をもって左右に振りながら拭くと二の腕を引き締めるて下半身も鍛える運動です。

洗濯物はたたみながら背筋を伸ばす運動これは腹筋・背筋運動になりますそして仕上げは洗濯物を干しながらのスクワット運動です。

スーパーなどの買い物は背筋を伸ばしながらの腹筋・背筋運動で朝夕の歯磨きの時間にはかかとの上げ下ろしをするふくらはぎのうんどうです。

  • 窓ふきをしながら腕と下半身の運動
  • 洗濯物をたたみながら腹筋・背筋運動
  • 洗濯物を干しながらのスクワット運動
  • 買い物をしながら腹筋・背筋運動
  • 朝夕の歯磨きの時間にふくらはぎの運動

忙しい時の隙間の運動は時間なんて気にしなくてその合間の時間に意識を集中して少し運動するぐらいの感覚で良いと思います。

運動がもともと苦手な人

もともと運動が苦手な人って身体を動かす事態が億劫になりませんか?僕の周りにもそういう人達が沢山います。

運動が億劫になるからと言ってそのまま習慣を変えずに年齢だけ重ねると「格好の運動不足の餌!」になってどんどん体を動かす事が嫌いになっていきます。

運動をする!と言う考えを捨てて動かす時に体が動かく!程度に考えるようにすればいいと思いますよ。

① 散歩を楽しむ

嫌いな人にとっては「散歩を楽しむ!」と聞いただけで拒否反応が出たのではないでしょうか(笑)

しかし例えば近所の居酒屋さんに飲みに行くついでに歩いて行ったと考えたらどうでしょうか?

そうなんです。

動かすときの体が動く!「散歩は楽しむ!」なんです(笑)

② バランスボールに座ってみる

テレビでお馴染みのお笑いタレント武井壮さんがどこかのクイズ番組で収録中は椅子の代わりにバランスボールに座って収録をしているそうです。

例えばですが自宅でテレビを見る時にはバランスボールに座ってみるとかしてはどうでしょうか

実際座ってみると分かりますが、お腹だけでなく背中も筋肉も使わないといけないので、結構な運動になりますし体幹を一緒に鍛えられるので、家で座っている時間が丸々運動の時間に早変わりします。

運動神経等関係のない運動

これは運動神経が良い方ではない僕にも大きく関係しているのですが運動神経が悪くても、スポーツが苦手でも出来る運動はたくさんありましたので紹介します。

今まで運動をしていなかった人でも自宅で簡単に自分のペースで出来る運動ばかりなので是非お試しください

① エアロバイク

ジム通いや人前の運動はどうも苦手と言う人はエアロバイクなんてどうでしょうか。

僕の先輩は毎朝エアロバイクで新聞を読むのを日課にしていますが、新聞を読み終えるときには額から汗が床に落ちるぐらい汗が出るそうです。

個人差はあると思いますが試す価値はあると思います。

価格も¥10000位からありますし狭い部屋でも場所を足らないで置けるのでおすすめです。

② 踏み台昇降運動

こちらも人前の運動はどうも苦手と言う人におすすめです。

重さ調整できるのでまずは軽い気持ちで少しの負担から始めるのがおすすめです。

テレビを見ながら踏み台昇降運動なんて言うのはどうでしょうか。

30分の番組を踏み台昇降で運動しながら見るだけでいい有酸素運動になりますよ

価格も¥10000位からありますし部屋の片隅にでも置けるのでおすすめです。

③ エア縄跳び

エア縄跳びの場合は普通の縄跳びと違いひっかかったりすることがないので緊張感もなく普通にやれていいです。

緊張感がなくてつまらない!という人も多いですが僕の場合は頭おクリアにしたい時や何も考えたくない時にはエア縄跳びを使っています。

部屋で自分の好きな時間に出来るし場所も取らないので重宝しています。

何も考えたくない時にはエア縄跳びはおすすめです。

― 注意点 ―
踏み台昇降運動やエア縄跳びなどは自宅で簡単に出来ますので自分に合った時間帯で毎日の習慣にするのもいいと思いますが、注意しなければいけないのはアパートなど部屋が近い場合は近隣の方に迷惑がかからないようにして運動しましょう

④ ヨガ

僕も気が向いた時にはヨガをやっています。

僕はヨガはど素人なんですが自宅で出来るしDVDや動画サイト等を見ればヨガのインストラクターが1つ1つ教えてくれるのすごく便利です。

友達が来た時などはその動画を見ながら友達とヨガ教室に行った気分で楽しんでいます。

家の中では誰にも気兼ねすることなく出来るしヨガの運動をバックで流れる音楽も静かなので、心の癒しにもなります。

遊びの中で運動不足を解消する

僕は筋トレでジムにも通っていますが仕事終わってからのジム通いだけでは人と触れ合う時間もなかなか取れません。

なので休日のデートや友達と遊ぶ時も色んな運動の時間と考えて遊んでいます。

かまえて運動する!と思うと何だか敷居が高いと言う方にはこの方法がおすすめです。

自分の楽しめて周りも楽しめるのですごくいい時間が過ごせます。

① ウィンドウショッピングを楽しむ

僕の場合、休日など何もない時には目的無しのウィンドウショッピングを楽しむことも多いです。

もちろん彼女となのですが(笑)目的は「歩くことです。

アプリの万歩計などを利用して大きなショッピングモールなどでひたすらウィンドウショッピングを楽しむんです。

今日は5000歩ショッピングだ~!なんて目標を立てて楽しんだりしています(笑)

② 色んなスポーツ施設等を利用して運動する

アスレチック施設やボウリング場、公共のプールなど外には遊んで運動する場所はたくさんあります。

僕は彼女や友達など自分から誘って外に遊びに行くようにしています。

自分から誘って施設に行けば体を動かさないわけにはいきませんから…(笑)

最初はやる気が無くても自然と運動しなければいけないように自分を持っていくのも一つの提案ですしみんなで一つの事に集中する事でより仲間意識が出て良い人間関係も気づけます。

「仕事の中に遊びがあって遊びの中に仕事がある!」と言う言葉がありますが、「運動の中に遊びがあって遊びの中に運動がある!」と言う事が有ってもいいかもしれませんね(笑)こんな遊び心が運動不足の習慣から抜け出す第一歩かもしれません。

  • ボーリング場で遊ぶ
  • 公共のプール
  • アスレチック施設

 

【まとめ】

・運動不足は知らないうちに始まっている

・運動とは身体を動かす事

・人は体を動かすようにできている

・運動不足は百害あって一利なし

・運動不足を改善するぬは運動が大事

・運動不足を改善するには生活習慣の改善から

いかがでしたか運動不足の怖さはお分かりなられましたか。

若い時にはあまり気にも留めなかった事でも最近では自分の身体に出てくる色々な症状や周りから入ってくる情報で自分の身体の心配をしているのはみなさん一緒ではないでしょうか。

僕もそうだったんですが最初から「よし運動するぞぉ~!」と力み過ぎるとハードルが高くなってやる気は起きてきませんでした。

このサイトを見ていらっしゃるあなたは少なくとも自分の身体の異変や運動についてそろそろ重い腰を上げようとしている人達だと思います(笑)

最初は軽い気持ちで「運動不足か~…やばいな…とりあえず明日から自分なりに運動してみるか。」位の気持ちから始めてるのがベストです。

運動不足を解消するには自分に合った事を一つずつやる事が大切ですので是非実践してみて下さい。

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です