運動不足解消は腰痛・足が痛い原因も解消!おすすめストレッチ

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

みなさんは、こんな悩みを抱えていませんか?

知人A
ここ何年も慢性的な腰痛があって、つねに重だるい感じがするんだ。最近は立ったり座ったりするだけでも、鈍い痛みが走るんだよ~(泣)

知人B
僕は、夜中に足がつることが多くて、ふくらはぎの激痛で目覚めてしまうんだ。おかげで寝不足だよ~・・・。

慢性的な腰痛」「夜中に足がつる」そんな痛みと日々戦っている方は多いと思います。

実は、僕も以前は腰痛や度々夜中に足をつることがありましたwですが、僕は、あるものを解消したら、そのような悩みも解消できました!

なんだと思いますか?

それは「運動不足」ですw

運動不足を解消したことで、腰痛や夜中に足がつることが無くなったんです!

詳しくは、下の記事をどうぞw

 

腰痛・足がつる原因とは?

僕は、慢性的な腰痛や夜中に足がつることを運動不足を解消することで改善出来ました。

慢性的な腰痛、夜中に足がつる原因はさまざまありますが、その一つに「運動不足」があるんですよ!

運動不足などが原因の腰痛や足がつるという症状はどのようにして引き起こされるのでしょうか?

ここでは、腰痛・足がつる主な原因を少しご紹介していきますね!

思い当たる方がいたら、この記事を読んで改善しましょうね~w

腰痛の原因

腰痛の三大原因があるんですがなんだと思いますか?

それは「筋力の低下」「血行不良」「骨格の歪み」なんです!

それではこれらの三大原因はどのように引き起こされるのかというと、主な理由としては運動不足」「肥満」「姿勢の崩れからきています。

運動不足だと筋力が低下し、また柔軟性も低下するので筋肉が硬く凝り固まっている状態にあります。

それにより、血液循環が悪くなり血行不良になりそれが原因で腰痛が引き起こされてしまいます。

また、肥満は腰にかかる負荷が大きくなり、それが原因で骨格がゆがみ、腰痛を引き起こす場合もありますよ~!

僕の友人は運動不足と肥満が祟り、椎間板ヘルニアになってしまって、病院から痩せなさいと怒られたそうです(笑)

他には腰痛で悩む多くの人は、長時間のデスクワークで座りっぱなしなど、同じ姿勢を長時間続けていることが多いと思います。

それにより、姿勢が崩れ骨格に歪みが生じてしまい腰痛を引き起こしてしまうこともあります。

足がつる原因

足がつるとは、筋肉が縮んで伸びなくなった状態のことを言います。特に、ふくらはぎで起こることが多いですよねw

経験がある人ならわかると思いますが、急に襲ってくるあまりの痛さに軽いパニックになりますよねw

そんな足がつる原因として運動不足」「血行不良」「ミネラル不足があります。

ふくらはぎは、「第二の心臓」と呼ばれるほど全身の血行を巡らせる大切な役割があります。

ですが運動不足の人は、日ごろから筋肉を使ってないのでふくらはぎの筋肉は硬く凝り固まっています。

それにより血液の流れが悪くなり滞ってしまい血行不良を引き起こしてしまいそれが原因で足をつってしまいます。

また、ミネラル不足も要因の一つで、ミネラルは筋肉が働くための重要な役割があります。

ミネラルバランスが崩れてしまうと、脚の筋肉が硬直しやすくなってしまい足がつりやすくなってしまいます。

共通の原因は「運動不足」「血行不足」でしたねw

特に運動不足による、筋力の低下・柔軟性の低下が腰痛や足をつる大きな原因になっていますね~。

つまり、運動不足を解消することが改善につながっていきますよねw

 

腰痛・足がつる予防法とは?

腰痛や足がつる予防・改善法として運動不足を解消することが効果的ですw

知人A
運動不足を解消するのはわかるけど、どんな運動をしたらいいの?あと運動の他には改善法はあるの?

腰痛や足がつる予防・改善に有効な運動がありますwまた、食生活の改善も予防につながっていくんです!

ここで、少しご紹介しますね!

下半身の筋力強化

腰痛や足がつる大きな原因に筋力低下があります。つまり、有効な予防法として「下半身の筋力強化」です!

下半身の筋力強化に一番効果的なのが「スクワット」です!

スクワットは筋力強化だけではく、消費カロリーも高いのでダイエット効果も抜群で、かつ脚全体を引き締めてくれるとても優秀なトレーニングなんです!

ただし、やりすぎると競輪選手みたいなたくましい太ももになってしまうので注意してくださいねw

スクワット
①足を肩幅に開いてまっすぐ立ちます。

②手は前にまっすぐ伸ばします。

③息を吐きながらゆっくりと腰を落としていきます。

④太ももが床と平行になるまで落としたら、息を吸いながらゆっくりと元に戻していきます。

1日15~20回を目安に行いましょう!

ストレッチする

腰痛や足がつる予防法として下半身の筋力強化も大切ですが、まずは凝り固まった筋肉を伸ばして柔軟性を高めてあげるのが重要になります。

ストレッチをすることで、柔軟性を高めるだけではなく、血液循環もよくなるので血行不良も改善できます!

血行が良くなることで、代謝も上がりダイエット効果も期待できますよ~w

詳しくは下の記事でオススメのストレッチをご紹介しています!

ミネラル補給

基本的にはバランスの良い食事をすることが大切ですが、よく足をつる方は、筋肉の動きに関係が深いカルシウム」「マグネシウム」を意識して摂りましょう!

カルシウムは、乳製品・小松菜・ししゃも・大豆などに含まれており、マグネシウムは、海藻・ナッツ・大豆などに含まれています。

なかなか、摂取することが難しい場合はサプリメントで補給するのも有効ですよ~w

 

おすすめストレッチ

先ほど少しご紹介しましたが、腰痛や足がつる原因に筋肉の柔軟性の低下があります。運動不足の人は特に筋肉が凝り固まっている状態です。

まずは、それをほぐしてあげることが大切です。つまり、筋肉の柔軟性を高めることが重要になります!

筋肉の柔軟性を高める効果的な方法は「ストレッチ」ですw

ストレッチは、筋肉の柔軟性を高めてくれるだけでなく、リラックス効果もあるのでストレス解消にもなりますよ~。

寝る前に行えば、一日の疲れをほぐし癒してくれて、かつ腰痛や足がつる予防にもなって一石二鳥ですねw

ここでは、簡単にできるストレッチを2つご紹介しますね~。

腰のツイスト

このストレッチは腰だけではなく、おしりの筋肉のストレッチにも有効です!

無理なくゆっくり気持ちよく伸ばして行きましょうw腰回りがスッキリしますよ~!

①仰向けになり、膝を折り曲げ足は床に付けます。

②腕を左右に開いてTの字にします。

③両肩を床に付けたまま、両膝を左右のどちらかに落としていきます。

④そのままの姿勢を20~30秒キープします。

⑤落とした両膝を元に戻し、反対側も同じように行いましょう。

片脚前屈

このストレッチは、足首・ふくらはぎに効果的です!

ふくらはぎを気持ちよく伸ばし、血行を良くすることで、夜中に足がつって痛い思いをすることがなくなりますよ~!

また、血行が改善することで足のむくみも改善されますよw

①片脚を伸ばして座ります

②両手で伸ばした足先を左右から包み込むように掴みます。

③その左右の手で足先を手前に引っ張ります。かかとは向こう側に突き出すようにします。

 ※膝が曲がらないことが理想ですが、体が硬くて、手が届かない人は膝を曲げても大丈夫です。

④そのまま、無理のない範囲で伸ばして行きふくらはぎ・ひざ裏の伸びる感覚を感じながら15~20秒行いましょう。

⑤ゆっくりと元に戻し反対側も同様にしましょう。

ストレッチをする際は背中が丸まらないように意識しながら行いましょう!

知人B
僕は夜寝る前にストレッチをするようにしているよ!ストレッチをするようになってからは、体がスッキリしてよく眠れるんだ!おかげで睡眠不足も解消できたよw

今では腰の重たい感じもなくなり、夜中に足がつって目覚めることもなくなったよ!日ごろから身体を動かすことが大切なことを実感したよ~!

みなさんも、まずはストレッチで筋肉をほぐしてあげる所から始めてみませんか?

 

まとめ

腰痛・足がつる原因は運動不足

予防法は下半身の筋力強化&ストレッチ

おすすめのストレッチで筋肉の柔軟性UP

運動不足は腰痛や足がつる他にも色々な体の不調を呼び込みます。体の調子が悪いと、集中力が低下して仕事も捗りませんよね?

その煩わしさをなくすためにも運動不足を解消することが大切ですよ。

まずは、今回ご紹介したスクワットやストレッチをして運動不足も体の不調も改善していきましょうw

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です