運動不足は精神に恐ろしい症状が!!すぐ実践できることとは!?

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

最近、運動できていますか?

どんなに休んでも、どんなに寝ても疲れがとれなかったり、仕事に集中できなくてイライラすることってありませんか。

それは運動不足が原因かもしれませんよ

僕の知人が、一時期上で書いたような休んでも寝ても疲れがとれないという悩みを持った人がいました。

そのうち眠いと感じているのに目を閉じても眠れない、ウトウトしても深い眠りにつけなくなってしまい、仕事にも影響が出るようになってしまったのです。

でも、たまたま一緒にジョギングをした日があったのですが、その日は不思議とぐっすり眠れたそうなんです。

彼は日頃の忙しさから、運動を後回しにして家で休むことで疲れを取ろうとしていましたが逆に運動をしてなかったことが裏目にでていたようです

このことをきっかけに運動することの大切さが身に染みて分かったそうです

運動不足になると、様々な影響が体にでてきます。

肥満生活習慣病になりやすくなったり、心臓が弱くなって疲れやすくなったり

また、運動不足がもたらす影響は体の健康だけではなく、心の健康にもとても関係があるのです。

僕の知人のように運動をはじめることで、きっと悩みが解消できると思います。

ここからは運動不足の恐ろしさや精神に与える影響、そして運動不足の解消方法をご紹介したいと思います。

 

運動不足が死因の第三位ってしってた?厚生労働省が発表!

運動不足が、健康に影響を及ぼすだけではなく、死因の第三位になってることをみなさん知ってましたか。

僕は、知人の話を聞いてから、自分でも運動不足について調べてみました。

僕自身も昔、日頃の不摂生がたたり太っていた時期があり、他人事のように思えなかったからです。

調べている中で厚生労働省のある発表に目が止まりました。

平成25年の厚生労働副大臣の会見では、日本では運動不足による死亡者数が喫煙、高血圧に次ぐ第三位であると発表されているのです。

これほどまでに運動不足が僕たちの健康に影響があるなんて、そこまで深刻に考えていなかったので正直驚きました。

女性にモテたいという不純な動機で始めた筋トレでしたが、昔あのまま不摂生な生活を過ごしていたら・・・と考えるととても恐ろしいです。

下手をすれば、僕も肥満になるだけでなく運動不足で命を落とす未来があったかもしれないということですよね。

筋トレ始めてよかった~!

 

運動不足はうつ病やその他の精神疾患のリスクを高める

運動が精神疾患と関係があるなんて、すぐにはピンとこないのではないでしょうか。

僕も、知人の悩みがまさか運動で改善されるなんて思ってもみなかったですから。

運動不足は精神面に様々な影響を及ぼすため、こころの健康を保つには適度な運動が必要不可欠です。

具体的にどのような影響が私たちに襲い掛かるのかみていきましょう。

ストレスが溜まる

適度に運動した後って、爽快感や達成感をかんじていい気分になりませんか。すっきりするというか、清々しいというか。

このように運動をするとストレスの発散に繋がりますが、運動の機会が不足すると上手く発散できず、ストレスが溜まってしまいます

日々仕事をしていれば、当然嫌なこともたくさんありますよね。

上司と合わなかったり、取引先の方とうまくいかなかったり。

そういった日々のストレスが発散されないままでは、心の健康にもよくないですし、仕事へのモチベーションも上がらず結局失敗を重ねてしまうといった悪循環が起きてしまいます。

ふさぎこみやすくなる

疲れて、家を出てどこかに外出することすら億劫に感じることありすよね。それは運動不足で体力や筋力が落ちているからかもしれません。

何気ない掃除や外出も意外に体力を使うものなので、筋力が落ちると普段の日常生活の行動さえ疲れてしまいます

外出の機会が減ると、家に閉じこもりがちになり気持ち的にも落ち込んでしまい、ふさぎこみやすくなってしまいます

仕事に対して意欲的になれなかったり、外出したり趣味を楽しむなどの活動の機会が減ることによって生活の質が低下してしまいます

僕のおデブちゃん時代には、どんなに髪型をカッコよくしても女性にまったく見向きもされませんでしたから相当へこみました。w

ふさぎこむまではいかないにしても、外出するのが恥ずかしく思えた時期が正直ありました。

痩せてからは彼女もできたので、毎日が楽しいですし、デートでウィンドウショッピングなんかしてめちゃめちゃ外出するようになりました。

デートだけで結構運動になるかもですね(笑)

不眠を引き起こす

僕の知人がこれですね~。

本当につらい思いをしていたので、悩みが解決してよかったです。

僕たちも毎日の生活の中で、嫌でも頭って使いますよね。

たとえば休みの日にスマホでゲームをしたりテレビや映画をみたりして、頭には図らずもたくさんの情報が入ります。

頭は疲れているのに体は運動が不足していて疲れを感じていないと、眠ろうとしてもなかなか寝付けなかったり、眠りが浅くなってしまいます

僕も一日中デスクワークばかりの日は、疲れていて早く眠りたいのに寝付けないなんてことが時々ありますし、途中で目が覚めてしますこともあります。

次の日も仕事で朝早いから寝たいのに~とすごく焦ります。

不眠を引き起こすことで集中力が低下したり、さらにストレスを感じたりしてしまいますよね。

うつ病などの精神疾患の原因になる

運動が不足すると血流が悪くなります。肩が凝ったり、疲労物質がたまって疲れやすくなったりすることがあります。

そして脳への血流も悪くなると、頭痛が起きやすくなったり、思考の幅がどんどん狭まって心の病に近づいたりすることもあります

体の健康だけではなく、心の健康を維持するためにも運動することはとても大事なことなんですね

 

運動による効果

僕が実際に感じている効果としてはやはりスタイルアップですね。

70キロあった僕も筋トレをするようなってからは、徐々にですが成果がでてきて、目に見えて分かるようになる頃には周りが僕を見る目も違っていました。

きっかけはスタイルアップですが痩せてからは自信が持てるようになりましたし、気持ちが明るくなって前向きになったような気がします

体型の変化だけでなく、適度な運動によってストレスがうまく発散できていたのかなと今では思います。

調べてみると運動によって、うつを抑制する「セロトニン」を活性化させ、幸福感を得られる「エンドルフィン」が分泌されます。

「セロトニン」や「エンドルフィン」はストレス耐性やうつの予防効果やうつの改善にも効果があるといわれています。

体の不調やこころのもやもやを感じたら運動が不足しているサインかもしれません

ぜひ日常に運動を取り入れていきましょう。

 

普段の生活にプラス10分の運動を取り入れてみよう

実際運動するとなると、結構ハードルが高かったりしますよね。

ランニングするとなるとウエアやシューズを用意したり、テニスやフットサルをするなら場所の確保もしなければなりません。

ジムに通うのにも年会費などなどかかってきます。

日々の運動を生活の習慣にするなら、もっと簡単に手軽にできるものじゃないと絶対継続できないですよね。

運動不足を解消するのにそんなに激しい運動は必要ありません

まずはやってみることが大切です

厚生労働省は毎日の生活にプラス10分で健康寿命を伸ばそうという指針を出しています

参考
厚生労働省HP
健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)

手軽に生活で取り入れられるプラス10分はどんなものがあるでしょうか?

 

10分チャレンジ
・自転車や徒歩で通勤

・オフィスでこっそりストレッチ

・エスカレーターではなく階段を使う

・ラジオ体操を取り入れる

とくにラジオ体操はおススメです。

痩せる効果はないかもしれませんが、運動不足ぎみの方がはじめるきっかけとしては十分ありだと思います。

僕の場合、張り切って最初からめちゃハードな筋トレをしようとしたのですが、大失敗でした。

全身筋肉痛になってしまい、3日間動けなくなってしまったことがあります。

ラジオ体操はひとつひとつの動作をしっかり丁寧に行えば、手軽で良い運動になるのです。

しかも全身をほぐすことに長けた最強の運動なのです。

ラジオ体操は、人間の体をまんべんなく動かすために必要な運動を組み合わせてつくられています。

しかも、健康的な人なら負荷も少なく、だれでも手軽にできる体操です。これを毎日続けることで、加齢や生活の偏りなどが主な原因となる体のきしみを取り除き、人間本来が持っている機能をもとの状態に戻し、維持する効果があります。

(引用:よくある質問 全国ラジオ体操連盟)

ラジオ体操 第一

ほんの数分で1回の体操が終わりますし、何より場所の心配やコストの心配はありません。

今いるその場で、すぐできてしまうのでまずは1週間チャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

 

まとめ

  • 運動不足が死因の第三位
  • 運動不足がうつ病その他の精神疾患のリスクを高める
  • 運動すると悩みは解決するかも!
  • 普段の生活にプラス10分の運動を取り入れる

 

運動不足が精神面に与える影響はとても恐ろしいものですよね。

こころの健康を保つために適度な運動が大切だと分かりました。

そして大事なことは、思い立ったらすぐはじめることだと思います。

最初は簡単な運動でいいと思うんです。

今の生活にプラス10分体を動かすことを意識しながら、少しずつ運動を取り入れていきましょう。

ご自身の体調や運動能力に合わせて無理のないように続けていけるといいのではないでしょうか。

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です