運動不足が腰痛を引き起こす?症状解消の方法も紹介します!

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

現代、多くの日本人が抱える腰痛。腰痛は生活のあらゆる場面で症状が現れるのでかなり苦痛ですよね。

僕が太っている時にも腰痛を持っていたのですがやはり仕事はもちろん、悪化すると歩く、座る、かがむ、横になるなどの基本的な動作ですら苦痛でついつい出不精になってしまいました。

僕のように腰痛に悩んでいる人の多くは慢性的な痛み効果で、痛みと長いお付き合いをしている方も多いのではないでしょうか。

そんな慢性的な腰痛の症状を解消する方法の一つとして、運動が挙げられます。

今回は、運動不足が腰痛を引き起こすわけと症状解消の方法も紹介しちゃいます。

これであなたも悩んできた腰痛とさよならできるかもしれません。

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

運動不足と腰痛の関係性

まず、運動不足と腰痛の関係性について説明します。

腰痛は急に重いものを持ったときなどに起きる急性のタイプと長年痛みが続く慢性のタイプがあります。

腰痛で悩んでいる人の多くは、後者の慢性タイプです。

この慢性タイプの腰痛の場合、なぜ痛みが引き起こされるのか?

その多くは筋肉の老化や硬化によるものです。

特に、腹筋や背筋の老化や硬化は、腰痛の大きな原因と言われています。

運動不足によって、筋肉を動かさないことによって筋肉はだんだん衰えていきます。

また、動かさないことによって硬化も引き起こします。

例えば、長時間同じ体勢で作業することが多い方は、どうしても運動不足になりがちです。

動かさない筋肉はだんだん衰えていき、硬化します。

その状態の腹筋や背筋の筋肉では、上半身を支えることができず、腰に負担がかかることによって腰痛が引き起こされるのです。

ただ、僕もそうですが仕事などでどうしても長時間同じ体勢をとらなければならない方もいますよね。

そんなあなたのために、次は簡単にできる腰痛の解消方法についてお教えちゃいますね。

 

運動不足による腰痛の解消方法

運動の習慣がない方が、普段の生活の中で運動を取り入れることってなかなか難しいですよね。

恥ずかしながら、僕も張り切ってやり始めても3日坊主で終わってしまうことが多いです。

頑張っても続かなければなんの意味もありません。

腰痛を解消するためには、少しずつでも継続して続けることが大事です。

毎日やることで、症状は和らいでくるのです。

無理をしてきつい運動を行う必要はありません。少し身体を動かし、まずは筋肉をほぐしてあげることが大事です。

腰痛解消のために、少しずつ取り入れてみましょう。

ストレッチ

一番簡単で取り入れやすい、なおかつおすすめなのが、ストレッチです。

前屈をしたり、胸をはって背伸びのポーズは、腰や肩の筋肉がほぐれ、緊張がゆるみます。

少しの時間でできるので、気軽に取り入れることができますね。

ウォーキングや軽いランニング

運動不足による腰痛の解消法として、ウォーキングや軽いランニングも効果的です。

体を動かすことで、筋肉がほぐれます。

また、肥満防止の効果もあり、腰への負担を軽減することができます。

これも気軽に取り入れられそうですが、いざやろうと思うとなかなか腰が重たい、という方もいらっしゃいますよね?

そんな方はわざわざ時間を作る必要はありません。

普段の生活の中で、少し時間に余裕を持つだけでできるのです。

例えば、出勤や通学のときに駅まで歩いてみる、近くの買い物は歩いて行ってみる、

など、少し工夫して取り入れることで、わざわざウォーキングのために時間を作る必要はありません。

普段の生活の中なら取り入れやすいはずです。

実際に、僕も会社の出勤や帰宅するときは、最寄りの駅より1駅遠い駅から電車に乗って、生活の中で運動する時間を作っています。

無理をして長い距離にする必要もありませんよ。

少しでも習慣にしていけば、十分運動不足解消につながります。

筋トレ

これは主に、背筋や腹筋を鍛えて、腰回りの筋肉を強化する目的で行います。

しかし、背筋や腹筋を鍛えることで、腰回りの筋肉を硬くさせるとも言われていて、腰痛解消の運動法としては個人差がありますので

筋トレを取り入れる時には、ゆっくりスクワットや背筋を中心に、様子を見ながら行ってください。

腰痛がひどい場合は安心して行うために、整体師や整形外科医にぜひ相談してみてください。

 

腰痛解消のための運動時の注意点

ここまで、運動不足による腰痛の解消方法についてお話してきましたが、このような運動を行う上で、注意点があります。

それは、絶対に無理をしないことです。

いざ、運動不足を解消しようと運動を始めると、どうしても無理をしてしまう方がいます。

しかし、運動不足の体は、急に激しい動きに対応できる状態ではありません。

無理をすることによって怪我をしてしまったり腰痛が悪化してしまい、しばらくは安静にせざる負えなくなってしまうと

さらに運動不足になるという、負のループにはまってしまいます。

僕の先輩も長時間のデスクワークで腰を痛め、腰痛改善に激しい筋トレに取り組みぎっくり腰になってしばらくは痛々しい姿で会社に来ていました。

腰痛は一気に解消しようとせず、少しずつ動かして少しずつ筋肉をほぐすことで腰痛の緩和を目指しましょう。

最初は変化がわかりにくいかもしれませんが、絶対に無理をせず、毎日少しずつ体を動かしてみましょう

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は運動不足が腰痛を引き起こすのか、そして症状解消の方法について説明していきました。

まとめると

  • 運動不足は体を支えるための筋肉の老化や硬化を引き起こし、その影響で腰への負担が大きくなり腰痛になる
  • 腰痛のための運動不足解消法はストレッチ・ウォーキングやランニング・筋トレ
  • 運動をするときには、絶対に無理をしないことが大事

ということです。

腰痛は多くの人が悩み、日常生活に支障をきたします。

そんな方々がこの記事を読んでいただき、少しでも症状を解消していただけたら幸いです。

体の健康は心の健康にもつながります。

ぜひ、日常生活に運動を取り入れて腰痛を解消しましょう。

 

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です