痩せる食事の方法、時間帯が効果のカギ!

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

痩せる食事って気になりませんか?自分の中に痩せることへ意識があると、どうしても気になってしまいますよね。

例えば運動が続かない、ついつい夜中食べ過ぎてしまった、など心当たる節があればあるほどきになると思います。

そして効率よく痩せることがあるのなら試したい!それが毎日の食事だけでできてしまうなら、なおさらです。

もちろん食事のメニューや方法も大事なのですがそれ以外にも効果を引き出すポイントがあります、食事をする時間帯です。

痩せる食事について、食事をする時間帯も含めてこれからご紹介していきますね。

そもそも、どうして太るの?

痩せることについてお話するにあたって、まず問題になるのはなぜ太るのかということです。

痩せたいという気持ちがいくらあっても、どうして太るのかが分からないともしかしたら逆効果なことをやってしまうかもしれないですよね。

食事を減らしてカロリーの消費を増やそうとして体調を崩す、という経験ありませんか?

以前に私がやってしまった失敗がこれです。

こんな風になる人が少しでも減るように、まずは太っていく理由からお話ししていきましょう。

食事を摂取するとエネルギーが体内に入っていきます。

体内でこのエネルギーは消費されていくことになりますが、必ずしもこのエネルギーが消費されるわけではありません。

エネルギーが余るとその分は脂肪などに変換され、体内で溜め込まれていきます。

このエネルギーとなりやすいものが炭水化物となります。

そして当然ながら脂肪分自体を多く摂取すると、脂肪分が溜め込まれてしまいます。

摂取したエネルギーが消費するエネルギーを上回って、余ったものを溜め込んだことにより太ってしまうというわけなのです。

また、コレステロールの吸収や血糖値の上昇を防ぐ効果を持つ野菜の摂取量も影響してきます。

運動ももちろん大切ですが、痩せるための食事をすることがとても重要になってくるのです。

痩せるための食事、それは

痩せることに適した食事とはどういうものなのか、それはやはり含まれる成分が大きく関係しています。

水溶性食物繊維が含まれる食材(アボガド、わかめ、オクラ、にんにくなど)や、不溶性食物繊維が含まれる食材(ごぼう、きのこなど)を使った食事は効率も良く効果的です。

これら水溶性食物繊維、不溶性食物繊維は名前の通り水に溶けやすいものが水溶性、逆に溶けにくいものが不溶性の食物繊維です。

食物繊維とは別に糖質の摂取を制限することも痩せることに効果的な食事と言えます。

糖質制限、低炭水化物ダイエット(ローカーボダイエット)とも言われ、名前を見かけたり耳にしたこともあると思います。

これは主に主食の摂取量を制限するものになります。

糖質制限をする場合には、主食を減らしてほかの糖質が少ない食材を使って食事を行うこととなり、これ加えて味付けをするときには砂糖ではなくみりんなどを使うことでさらに糖質を制限することができます。

注意しなければならない食材

そしてこれ以外でダイエット食として知られている商品の中でも、実は不向きなものもあります。

例えばマーガリンは脂質が少ないもの、もしくは脂質ゼロである場合でも飽和脂肪酸が高いため身体の中で脂肪になりやすいのであまりお勧めできません。

ソーセージをはじめとした加工食品は脂質を多く含むので摂取する際には注意する必要があります。

いも類、かぼちゃ、とうもろこしは糖質を多く含んでおり、春雨もまた同じく糖質を多く含んでいるので避ける方がいいでしょう。

BMAL1の働き

食事についてをお話ししてきましたが、今までのお話をより効果的に活かすためには用意した食事を摂取する時間が大切になってきます。

これはBMAL1(ビールマンワン)というタンパク質が影響しています。

このタンパク質が脂肪を溜め込むという働きをしており、その活動量が時間帯によって差があるのです。

朝方から活動量は徐々に減り始め、昼には活動量が一日の中で最も少なくなります。

そして、夕方から夜に向かって活動量が増え、そして夜中には逆に一日の中で最も活動量が多くなります。

太りにくい時間、太りやすい時間

このタンパク質の活動性質をもとに、活動量が少ない時に食事を摂取し、反対に活動量が多い特に食事の摂取を控えることが最も効率的です。

・昼食を少し遅めの14時から15時ごろにとり、夕食はBMAL1が再び増加を始める前の19時から20時ごろまでにとり終える

という時間帯が、食事をするときに最も太にくい時間と言えます。

・夕方から夜、そして夜中の2時から3時ごろは食事をすることを控える

という時間帯のことも、しっかり意識することが大切です。

このBMAL1の活動量に合わせて食事を行うのが、痩せるための食事を最大限に利用した方法です。

食事する時間でこんなに変わる、太りやすさ

上で説明した通りBMAL1の量は『夜に増えて、昼に減る』ようになっています。

どれくらい活動量に差があるかというと、なんと、20倍もあるのです!

この数字を見るといかに夜(夜中)に食べるということがもったいことかがわかると思います。

一日三度の食事の大切さ

朝食抜きダイエットを知っていますか?

言葉の通り、朝食をせずに摂取するエネルギーを減らして痩せようというものです。

少し我慢すれば食事そのものの量を減らせていいのでは?と思ってしまいがちですが、この方法は実のところあまり効果的とは言えないようです。

その理由は朝食をとらないということは、体内時計の狂いに繋がるからです。

朝から日光を浴びることで体内時計を整える、というのはよく知られていると思いますが、日光を浴びること以上に朝食をとることは体内時計にとって重要です。

これらの行動は脳はもちろん、全身に「朝が来た!」と伝えるものです。

つまり朝食をとらないということは、朝が来たと身体に知らせないことになり体内時計を狂わせた結果、夜型へと体内時計を移行させてしまうのです。

BMAL1のお話とも繋がってくることですが、食事時間そのものもどんどん遅い時間へとずれていってしまうことにつながり、BMAL1の活動タイミングともずれていきます。

朝食をきちんととり、その上で昼食と夕食をBMAL1の活動量に合わせて、紹介した時間の中におさめてきちんととることが、重要なのです。

ストレスは厳禁

ダイエット全般において我慢のしすぎなど、過度にストレスを溜め込むことはよくないですが、BMAL1の存在がかえってストレスとなってしまう場合もあります。

ストレス太り、ということに心当たりはありませんか?

ついつい苛立ちのままに食事を過剰にしてしまって、文字通り食べ過ぎてしまうという訳ですが少なからず経験があるのではないでしょうか。

BMAL1効果を気にかけるあまり、そうなってしまうこともあり得るのです。

BMAL1の存在は太りやすさを大きく左右することになりますが、あまりに結果を求めすぎてしまうと、その理想と現実の差がストレスになってしまうこともあります。

どうしても、夜遅めの時間でしか食事できないような事情があるときに食事を抜いてしまうと、ダイエットとしては効果があるとしても心には負荷がかかってしまい、疲れてしまうこともあるでしょう。

食事は身体にはもちろん、心にも栄養です。

精神の状態はホルモンのバランスにも影響を及ぼすので、食事を楽しみながら合わせて効果を考えていきたいものですね。

まとめ

1.そもそも、どうして太るの?

2.痩せるための食事、それは

3.BMAL1の働き

4.太りにくい時間、太りやすい時間

5.ストレスは厳禁

いかがだったでしょうか。

食物繊維と糖質に注意した食事を行うこと、そしてその食事を行う時間帯を注意すること、これが痩せる食事の方法です。

BMAL1の活動に合わせて食事を注意して行えば、脂肪を溜め込みにくくしながら美味しく食事をすることができます。

しかしいかにBMAL1の活動に合わせて効率的な食事をしたとしても、調子に乗って食べすぎたりしないように注意してくださいね。

あなたの今の体型大丈夫?

おデブは女性からの印象・仕事での印象・健康面で損していますよ!解決策はトレーニング!

しかし普通に筋トレやトレーニングをしているだけでは損しています!もっと効率的にトレーニングの成果を出しませんか?

効率よくトレーニングするには賢く「道具」を使いましょう!

ここに管理人が実際使用して、体験している「加圧シャツ」についてまとめました!

加圧シャツの使い方・選び方・考え方までこれを読めばわかる!!

詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です